月のまとめ

2007年12月31日 (月)

12月の振り返り

気がついたら大晦日だった...時間が過ぎるのがあまりに早い。

11月の目標は以下の通り。振り返りをせずに12月まで終わろうとしている。

1.クロススピンの途中のオープンパッセのポジションで2回転できる。

2.氷面の状態に関わらず、バックアウトのサークルエイトを3周行える(5回中5回)ただし、不意に滑走者が入ってきたりしての中断は失敗とせずにやり直す。

3.ワルツスリーで全てのターンで正確なトレースが描ける

先に、3.の振り返りだが、目標は達成できていない。別エントリーにせねばと思うが、スリーターンでは苦労している。特にワルツスリーの後半に入ると軸がブレてしまい、勢いとあいまって氷を削ってしまうことがある。私の場合は、ひとつの円で4回ターンするので、両足で合計8回のスリーターンをせねばならないが、全部をきれいなトレースでターンできたことはない。

それでも、12月の1級のバッジテストは、ステップだけ受験して合格させてもらえた。ジャッジからは「ターンがとんでいる」との指摘を受けたので、許容範囲ではあるが厳しくみたら不正確という感じなのだろう。このあたりのあいまいさ、傍目からは色々言いたいこともあるだろうが、当人としてはありがたくもある。ただ、自信をもって言えるのは、目標設定してからはとにかく頑張った。それと、氷を削らずにターンすることは大変である(不可能ではないが...)。後は、より正確なエッジワークを目指してさらに努力するしかない。

1.については、一応可能になった。でも、フリーレッグの位置はすごくあいまいである。まだまだ、パッセの位置からフリーレッグ(右脚)をスルスルと下ろして回転数を上げていくことはできそうにない。これができるまでには、あと2ヶ月はかかるのではないだろうか?

2.については、かなり自信をもっている。整氷直前の荒れた氷でもバックアウトのサークルはできるようになった。コンパルソリは練習を継続しないと下手になってしまうので、バックアウトだけではなく、フォアアウト、フォアインも練習をサボらないようにしないといけないが...。バックアウトのコンパルソリの練習は、1級ステップの課題であるスィングロールで役に立ったと思う。

12月の下旬に地元でバッジテストがあった。上に記した通り、今回は1級のステップだけを受験した。必須もある程度は目処がついているが、何よりワルツスリーが不安定であったので、ステップだけというクラブの先生の指示はありがたかった。やはりワルツスリーで氷を削ったと自覚した箇所が2つほどあったが、なんとか合格にさせていただけた。でも、課題は残っており、基準に達したというよりも宿題をいただいたと自覚している。

それで、1月の目標なのだが...

1.(コンパルソリ) 整氷した状況で、バックインのサークルを3周できる。

2.(スピン)    膝よりも腰を落とした(膝の角度が90度以下)のシットポジションでまっすぐに滑走できる(両足)。距離は、リンクの縦2/3程度。

          スタンドスピンで、フリーレッグを軸脚の膝に付けて5回転以上(5回中3回)。

3.(ステップ)   ワルツスリーのすべてのターンで、3の字をトレースできる。ターンの入りのカーブが太くなるのは2回程度にとどめる。

4.(ジャンプ)   若干混んでいる一般営業中(ジャンプ練習可であるのは当然だが)のリンクでも、安定してシングルサルコウを降りられる(5回中5回、ツーフットは不可)。

          シングルループ、フリップ、ルッツのいずれもが片足着氷できる。

2.についてだが、シットスピンは、回転以前の問題で、体(特に足首とハムストリング)が固くてポジションが正確にとれない。これでは、いくら回ろうとしても無駄だと思う。なので、正確なポジションが滑走状態でとれることから始めたい。そのためには、ストレッチを頑張るのは当然なのだろう。

スタンドスピンは、回転軸は安定してきているし、フリーレッグも改善しつつある。でも、まだ甘い。特に、回転速度が落ちるとフリーレッグも足首の方へ下りてしまう。なので、このような目標を立ててみた。

ジャンプに関しては、個人レッスンの先生からはトゥ系のジャンプが上手だと言われている。陸上練習の成果もあると嬉しく思っている。実際、フリップ、ルッツは跳び方を教わってすぐに両足着氷1回転までいけた。でも、両足→片足のハードルはある。特にルッツは苦労しそうだ。さらに、エッジ系のジャンプはすごく苦手だ。スケーティングレッグのトゥを使って跳びあがるのが下手なのだと思う。前向きのバニーホップで克服を頑張ってはいるが、バック滑走でも同様の練習ができないか思案している。

サルコウは、貸切練習など周囲が気にならない状況では精度は高い。でも、一般滑走中、特にレジャー目的の滑走者がいて集中が散漫になると、とたんに転び始める。私の場合は、踏み切り前の右足を空中で回し、両足滑走からの踏み切りではないので、どうしても周囲をはばかってジャンプがちじこまってしまうのだと思う。でも、これを仕方ないとしたら、バッジテストや試合など、ここ一番の時に正確に跳べるか不安が残る。なので、安全に気を遣いながらも、転び癖は克服したいと思う。

2007年11月16日 (金)

9月と10月の振り返り

気がついたら、もう11月も半ばになってしまった。光陰矢の如し。歳をとると本当に実感する。

9月の目標は以下のとおりだった。10月は振り返りをしていないので、目標は自動継続(といえば聞こえは良いか...)となっていた。

1.スタンドスピンをバッククロスから入って10回転(5回中3回)

   ※回転数はパッセの形から数え始める。軸がブレてもフリーレッグがつかなければ回転と認める

2.バックインのサークルで出発点へ戻って来れる。(5回中3回)

   ※サークルはいびつで可。連続して8の字を描けなくて良い。

先に目標の2のバックインサークルだが、9月中に8の字まで描けるようになった。ただ、氷面がきれいな場合の話だが。今までの経験から言えば、慣れてくると氷面が荒れていても十分にエッジに乗ってコンパルソリはできるようになるものなので、バックインもそれを目指して頑張りたい。ただ、12月にバッジテストの1級の受験の予定をいただいたので、目下はそちらに重点を置かねばならない。なので、コンパルソリに関しては、目標は次の通りとする。

2.氷面の状態に関わらず、バックアウトのサークルエイトを3周行える(5回中5回)ただし、不意に滑走者が入ってきたりしての中断は失敗とせずにやり直す。

目標1.のスピンだが、「軸をとること」のエントリーでも記したが、10回転はコンスタントにできるようになった。でも、トラベリングがひどく、フリーレッグも少しずつは軸足の膝に近づいてきてはいるが、まだ軸足から離れて空中でブラブラしている。それがトラベリングの原因でもあるとは思うのだが。フリーレッグの開きは、現在練習中のシットスピンでも重症で、いつも先生に注意される。この手の問題は、悩みが深いが、焦っても仕方ないと思う。性急な結果を求めればできない自分を責めるだけになるし、意識するだけで改善するほど簡単なものではないだろう。

とにかく、頑張るしかない。

正確なポジションを覚えられるように、伸ばした脚の位置に注意しながらシット滑走を繰り返したり、シットに入るタイミングを素早くして回転に遅れずにポジションをとれるようにする、そんな地道な努力をするしかないと思う。スタンドスピンでのポジションも同様だろう。スタンドスピンのトラベリングについては、数値目標が立て難い。先生からは、「スタンドスピンはOK」と言われている(ポジションやトラベリングは、地道に自分で努力していけということなのだろう)。あと、シットスピンはまだまだ初歩的な段階で目標を立てられる状況ではない。なので、並行して教わっているクロススピンについて目標を設定する。

1.クロススピンの途中のオープンパッセのポジションで2回転できる。

これは、実現可能な目標なのかわからないが、例に漏れず、クロススピンでもフリーレッグが軸足の回転に遅れるので正しいポジションがとれずにいる。せめて、加速する回転に負けずにパッセ(クロスの場合は股関節を開いたオープンパッセ)のポジションがとれるようになりたい。これがしっかりできれば、フリーレッグを下ろしながらスルスルと回転速度を上げていけるようになると思う。

緊急の課題として、もう一つあげねばならない。

3.ワルツスリーで全てのターンで正確なトレースが描ける

今週のクラブの練習で、「そんなスリーターンをしていては1級は受からない」とクラブの先生から厳しく言われてしまった。ゆっくり行えば、「それで良い」と先生も言って下さるのだが、滑走スピードを上げてのスリーターンでは、雑な走り書きのようにエッジコントロールを適当にしてしまい、氷をガリガリ削ってのターン(「そういうのをズリーターンと言う」と以前ある方から教えてもらったことがある)になってしまう。

それでは、テストのジャッジの要請を満たさないのだから、この癖は治さなくてはいけない。伴奏の曲から遅れなければゆっくりでも良いと思うので、しっかりとエッジに乗ったスリーターンでパラグラフパターン(横の8の字)を描けなければ、バッジテストは危ないのだろう。でも、結構難しい。スリーターンを繰り返していくと、どうしてもトレースが乱れてしまう。これは、円の大きさを十分に身体で覚えていないので、円を描くのに気をとられてターンをおろそかにしていることも原因の一つだし、単独のスリーターンの質の問題でもあると思う。やはり、練習するしかない。

フォアアウトからの場合、前半はスケーティングレッグの小指側、後半は同じく親指側に重心を置くのがコツと先生から教わっている。この乗り位置のコントロールを意識しながら正しいトレースを描けるように努力したい。

なので、11月の目標は、次の3つである。

1.クロススピンの途中のオープンパッセのポジションで2回転できる。

2.氷面の状態に関わらず、バックアウトのサークルエイトを3周行える(5回中5回)ただし、不意に滑走者が入ってきたりしての中断は失敗とせずにやり直す。

3.ワルツスリーで全てのターンで正確なトレースが描ける

12月の目標は、もう決まっている。バッジテスト1級合格、それしかない。1級の必須とステップの両方の予定だが、連盟や先生のお考えで、もしかしたら片方になるかもしれない。とにかく、後悔しないように頑張りたい。

2007年9月 2日 (日)

8月の振り返り

「軸」について、もう少しエントリーを重ねたいのだが、月が変わったので前月のまとめを簡単にさせてほしい。

仕事では、学生達に目標設定の大切さを伝えている。彼女・彼らもかなり苦労して日々の行動計画を立ててくるが、その日に実現可能な具体的行動や評価可能な数値を盛り込んで目標を表現できる学生は、あまり多くない。でも、目標を立てて実施・評価する、そして更に新しい目標に進んでいくという、いわゆる”Plan→Do→See→”の流れは、実務ではとても重要だと考えている。なので、学生のうちにそういったことを勉強してほしいのだが...どう教えれば良いのか...正直、難しい。

自分に対する勉強のひとつとして、フィギュアの練習で目標管理を試してみることにした。でも、フィギュアは仕事ではないので、かなりゆる~い、試みになると思う。楽しくなければ生きていけないので...。

で、8月の目標は次の2つだった。

1.バッククロスからのスタンドスピンを7回転(5回中3回)

2.シングルサルコウジャンプ、流れのあるランディング(7回中4回)

評価日を決めてはいなかったが、ちょうど昨日練習に行ったので、その時に具合をみてみた。

1.のスピンだが、スタンドスピンは上手になったと思う。スピンはこれしかできないのだが。左フォアアウトのハーフサークル→左フォアアウトのスリーで入る(スタンドスピンは大抵アウトスリーから入る)やり方でも、6~7回転はコンスタントにできた。最後の7回転目は、軸がブレても根性で脚をつかずに回りきるレベルなので、バッジテストなどではカウントされないと思う。でも、私は「回った」ことにしてしまう。それが私のゆるさなのだが...。

で、問題のバッククロス(時計回り)から左FOのハーフサークルを経てスリーで入る方法でだが、昨日はとてもスムーズに軸がとれた。そのおかげで、9~10回転を5回中4回まわれた。一回の失敗は、近くに滑っていた子供に気をとられて軸を失ったためなので、確度は目標設定する前よりも上がっていると思う。

ということで、この目標はクリアとする。本来としては、年内取得を目指している1級のバッジテストの課題は片足5回転以上なので、スタンドスピンだけならもう十分のはずだ。でも、先輩方のお話をうかがうと、ひとつの目処は10回転にあるらしい。もちろん、上手な人はもっと回れるようだが。なので、9月の目標はスタンドスピン10回転に置いてみる。1ヶ月で達成可能かは微妙なところだが...。

あと、「軸」の検討が終わったら、スピンについてもブログで記せたらと思う。特に私の場合、左バックインエッジの使い方に大きな問題を感じている。筋力で補正しているが、スピンの苦手意識は、LBIに乗った時に左軸が安定しないことにあると考えている。そのあたりのことも触れられたらと願っている。

スピンは、他にシットとクロスとバックスクラッチを教室で習ったが、今は遊びのレベルで練習するのみ。シットは2級の課題なので、近いうちに本格的な練習を始めるが、あまり沢山の課題を設定しても体がついていかないので、のんびり考えている。

2.のサルコウジャンプだが、昨日は調子が良かった。踏み切りの正確性と高さを出す努力はまだまだ必要だが、とりあえず、「サルコウの踏み切りで1回転して右バックアウトで降りてランディングのチェックを3秒間保つ」ということはコンスタントにできている。時々転倒もするが、これは確度を犠牲にしてでも高さと空中姿勢を追及しているためなので、良い意味での転倒だと考えている。練習でも安定性は大事だが、小さくまとまるよりかは、次につながる思いっきりの良さも欲しいかなと、ちょっと欲張っている。

高さについては、数値での目標設定ができないので、結局ジャンプの自己評価は確度(何回中何回ランディングできたか)とジャンプの回転数(私の場合はシングルしかできないが...)になってしまう。でも、数値評価できない、質の良し悪しの感覚は、多分跳ぶ人たちは持っていると思う。私も、もう少し踏み切りで脚の力が氷面に伝わればと思うのだが、なかなか上手くいかない。ここでも左バックインのエッジワークの問題が顔を出す。

ジャンプは、1級の課題であるスリー、トゥループ、サルコウは一応の目処がついている。トゥループは油断していると跳ぶ前から回転を始めてしまう癖(右バックアウトを滑らせながらも上体は正面に残さないと出てくる)があるので、決して簡単なジャンプではないのだが、転倒は滅多にない。スリーだって奥の深いジャンプで、思いっきり踏み切って空中でしっかり半回転しようとすればランディングで失敗することもあり得る。いつも思うのだが、私にとっては簡単なジャンプはない。あるのは、「跳べるジャンプ」と「跳べないジャンプ」それと「習っていないジャンプ」の3種類だけだと思う。

ループは現在練習中だが、全然形になっていない。踏み切り自体に課題が多すぎるので、目標設定を表現できる段階ではない。強いて言えば、踏み切りの形でしっかり右バックアウトに乗って滑ること...か。ループが跳べる人を本当に尊敬してしまう。

とりあえず、ジャンプはもう少し前進するまでは目標から外しておき、別のことに重点を置くことにする。もちろん、練習は続けるが。

それで、9月の目標だが、次の2つとする。

1.スタンドスピンをバッククロスから入って10回転(5回中3回)

   ※回転数はパッセの形から数え始める。軸がブレてもフリーレッグがつかなければ回転と認める

2.バックインのサークルで出発点へ戻って来れる。(5回中3回)

   ※サークルはいびつで可。連続して8の字を描けなくて良い。

1.は自分としてはかなり高めに設定した目標なので、1ヶ月でクリアできず10月に繰り越しても良いと考えている。

2.は非常に低いレベルの目標設定だが、バックインのサークルエイトは2級の課題。コンパルソリに関しては、既に先生から1級の課題はOKをもらっているのでバックインを教わっている。かなり飲み込みが悪いのだが、いつものことなので、のんびりやっていこうと思う。年内に1級取得が目標なので、バックインサークルも年内に形ができれば上等だと考えている。

バナー

フォト
無料ブログはココログ