練習日記

2009年6月21日 (日)

今日の氷上練習('09.6.21.日)

マスターズより1ヶ月ぶりにリンクに降りた。

邦和はいつもの日曜日と同じで、ボーイスカウトや子ども会の団体客が沢山来ていた。教室も相変わらず盛況。リンク経営の収支の状況はわからないのだが、休みの日に沢山のお客さん達が来ているのは、良いことだと思う。

ジャンプは早々に禁止になったが、今日は氷の感覚を戻すことが主な目的だったので、自分には関係がなかった。ブランクが長いといつもそうだが、今日も最初はブレードの乗り位置がわからず、後ろの方に重心がいきすぎてバランスを崩しそうになる。ただ、この時にあわててお腹を曲げたりして重心を戻そうとすると、今度はトゥが氷にひっかかって前につんのめりそうになることがある。なので、練習歴がある程度ある人なら、あわてずにバックバランスのままで滑走姿勢を維持し、少しずつ正しい乗り位置を探る方が安全だし、スムーズだと、私は感じている。

バランスが後ろにいったまま滑るのは怖いこともあるし、持ちこたえられなければ、当然尻餅をつく。でも、慣れてくればバックバランスでも粘りというか、その状態を我慢しながら滑れるし、アウトサイドモホークのターン(真央選手が上手だが)の時などは、重心は後ろの状態で維持していると思うのだ。

で、少しずつ乗り位置を思い出しながら、フォアのスケーティングの練習をしていった。お客さんが多いので、スピードは出さずに、乗り位置を慎重に思い出しながらだったが、自分的には良かったのではないかと思う。ある程度滑ったら、感覚は普段通りになっていた。

昼食休憩でお客さんが引けた時に、バックのスケーティングの練習もした。こちらは重症だった。乗り位置も、滑走中のエッジコントロールも、姿勢の保持も、ほとんど忘れてしまっていた。どちらかというと、私はバックスケーティングの方が好きだし、慣れていると思っていた。でも、ブランクの影響はフォアよりもバックの方が顕著だったようだ。もちろん、滑りながら段々に思い出していったが、バックエッジでの重心の位置は最後まであいまいだったように思う。あと、片足を保持してバック滑走するのが大変になっていた。途中で氷の溝にはまったりして、ひどく転倒したことがあった。普段でもそういうことはあるが、今日は特にひどかったし、バランスを崩した後の修正がきかなかった。

でも、できなかったところは今後取り戻せば良いと思う。今日は、ブランクの影響が確認できただけで成果があったと考えている。バック滑走をしていて、背部の筋力の低下を痛感したので、そこはプールでのトレーニングで戻せていけたらとも考えた。

先生にレッスンしていただき、トゥジャンプの踏み切りのタイミングとループジャンプでの上半身の向きをみてもらった。人は少なくなった時間だったのだが、ジャンプ禁止は解除されていなかったので、踏み切り段階までで回転はしなかったが。過去に指導していただいたのに、自分の中で忘れてしまっていたポイントが多いなと反省した、すみませんでした。それと、マスターズで指摘された事柄を先生に報告し、フットワーク改善の練習法を指導していただいた。

基本的には、今までやっていたスケーティングの練習の難度を少しあげ、コンパルソリに1級課題のフォアのチェンジエッジを入れること(今まではサークルばかりを描いていた。時々はチェンジも練習していたが、あまり一生懸命ではなかった)、スネークのフリーレッグを前に出して上半身の捻りと膝・足首の屈伸を使って大きくエッジを使う練習をすることを言われた。今までのスネークは、両手を広げてバランス保持をしていたのだが、腕に頼ったバランスではなく、フットワークだけでバランスを保つことがフィギュアでは要求されるようである。このあたりの、エッジワークだけでバランスが保てるという部分に、私の大きな不足があり、それを指摘されたのかもしれない。

正直、私にとっては一番苦手なところなのだが(エッジに乗るというのは、言うは易いが行うのは難しい)、良い機会なので、少し頑張ってみようと思う。あくまでも、家計と仕事とのバランスをとりながらなのだが。

エッジに乗ると言えば、逆の体験なのだが、氷上整備が終わってリンクに戻るときに、エッジケースをつけたまま出てしまった。当然、転倒した。でも、エッジケースを外していないことを知らないながらに、「あ、エッジにかからない」とすぐに感じて、あわてずに転倒体勢をとれた。詩子先生の目の前だったので、ご心配をおかけしてしまったが...。

焦らずに転べたことを振り返って、なんというか、自分にもエッジを感じ取る目みたいのがあるのだなと思った。ただ、ズルっと滑ってあわてるのではなく、「これじゃぁ滑れない」と、氷に着いた時点で感じたというのなら、逆に、「ここなら滑れる」というセンサーみたいなものが、氷と自分との間にあるということなのだろう。この感覚を育てていけば、少しずつ、エッジに乗る感覚の精度もあがっていくのではないかと思ったのである。

バナー

フォト
無料ブログはココログ