« 2019年9月 | トップページ | 2020年4月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

六度目のレッスン

このレッスンに向けて、宿題にされていた、左手+ペダル&右手は階名で歌、を自宅でも練習した。

メロディーは階名で歌えるようにという宿題がはらんでいる問題については、すぐに気が付いたのだが、Jupiterは音域が高すぎる。

というか、どんどん高くなっていくのである。イントロ部分はまだましだが、本編に入ると1オクターブ上の"ド"とかが出てくる。そして、繰り返し(ダルセーニョからの戻り)後は更に1オクターブ上げて弾くように譜面に指示があるので、ここを素直に階名で歌おうとすれば、ファルセットにならざるを得ない。平原綾香本人だって、結構ファルセットを使っているし...。

でも、階名で歌うためにそこまで頑張らないといけないのか、ちょっと不思議に思いながら練習していた。

そして、レッスンで先生に確認してもらったのだが、初っ端から「そんなに一生懸命歌わなくてもいいよ」と言われてしまった。それで、あまり力まずに、セーニョ以降の1オクターブ上げるところはむしろオクターブ下げて、少し緩めで歌った。それでも、頑張り過ぎると喉を傷めるから、階名で歌えるかをチェックしているだけだから、と注意されてしまった。

それでも楽しかった。楽器を演奏しながら歌う(いわゆる弾き歌)は初めてだったので、またできるといいなと思った。おそらく、先生は二度とこういう宿題は出さないと思うが...。先生からしたら、ジャイアンのリサイタルを聞かされた思いだったかもしれない。

この日のテーマはもう一つ、ペダルも自演しつつミュージックデータに合わせられることであった。ミュージックデータの伴奏は決められたテンポで淡々と進んでいく。なので、演奏が遅れ始めるとどんどん置いてかれてしまう。そうなると悲惨である。伴奏だけでなく音色の指定もデータに拠っているので、データの進行から乗り遅れると頓珍漢な音で演奏するハメに陥る。

そうならないために問われるのが、「等速性」と先生から教えて頂いた。同じテンポで演奏できる能力らしいのだが、ペダル鍵盤まで自分の演奏(データに拠らない)にすると、データの演奏からテンポを聴きとるのは至難の業である。この時に「等速性」が問われ、あるいはサスペンダーシンバルのごく小さな装飾の伴奏など、テンポを知るための手がかりを聴くことの大切さも教えて頂けた。

そのためにも、日頃からミュージックデータを聞きながら練習していくことが大切になるので、そろそろ新しい楽器の購入を考えないといけないらしい。ヤマハの営業担当の方には私のことを伝えてくれたそうで、購入のタイミングや値段は自分で交渉するようにと、先生から言われた。近いうちにヤマハのお店に行ってみますと、先生にお返事をした。

2019年10月30日 (水)

五度目のレッスン

先々週になってしまったが、10月最初のレッスンについて書き残しておきたい。

10月初旬は”Music Live”という、市内のヤマハ大人の音楽教室で習っている方々が集まってセッションを組んで発表するというイベントがあった。私も観に行かせて頂き、その後の食事会にも参加させて頂けた。先輩方が日頃どんな風に音楽に接しておられるか、セッションでの苦労話なんかを教えてもらえ、また先生の華麗なる(!?)経歴も伺え、とても刺激になった。

4回目のレッスンでもこのライブの感想について先生と話合う時間が頂け、エレクトーンでのベース奏法の大切さや、サウンド作りでの役割についてレクチャーして頂けた。エレクトーンは弦や管の振動に拠らない純粋な電子楽器で、近年のエレクトロニクスの爆発的な発展の恩恵を非常に受けている楽器でもあるので、その特徴や役割を理解することはとても重要だと思う。実際のところ、ほとんどパソコンが内臓されているといっても良いようなメモリー機能やサウンドバリエーションを備えており、昔のような「電子オルガン」のイメージでは収まらないシロモノに進化していると感じる。

演奏の方は、Jupiterの両手はスムーズにできるので...ということで、フットペダルの練習に軸が移るようになった。

それで、宿題として、左手+フットペダルで演奏し、それに右手(メロディー)を階名で歌って合わせるようにと言われた。先生いわく...同じような宿題(左手の演奏に右手階名で歌)を父に出したら、「歌うと左手が動かなくなる」と言われてしまったとのこと。もう亡くなったので、楽しい思い出として聞くしかないが、もし生きていたら、「だから練習するんでしょ!」と私から父に言ってやりたいと思った。

レッスン後、受付に許可を頂いて玄関のエレクトーンで少し試させてもらった。教室の玄関にはピアノとエレクトーンがあるが、ボリュームに気を付ければ弾いても良いことになっている。やはり、階名で歌うのに気を取られて左手やペダルがおろそかになるが、それは練習すればクリアできると思った。それよりも、もっと深刻な問題に気づいたが、その問題については次のエントリーで記したいと思います。

 

2019年10月21日 (月)

実家にて

独身の頃に住んでいた別棟を取り壊すというので、実家に帰っている。

1か月くらい前より、処分して欲しくないDVDや漫画を持ち出し、いらないゴミは清掃工場に搬出したりしていた。

そして今日から、いよいよ家屋の解体作業が始まるのだが、業者さんが来る前にこっそり...DVDレコーダーを運び出した。

テレビやデッキ類は全て処分することにしたのだが、一つだけ、初めてのハイビジョンテレビと一緒に買ったパナソニックのDVDレコーダーだけは持ち出すことにしたのだ。自分がフィギュアスケートを始めたばかりの演技の映像が入っていたからなのだが。それを失うのは、フィギュアを止めた今でも、惜しい気がした。

それで、実家のテレビにつないで中身を確認し、ディスクにダビングしてみた。

14年前の演技を見ると恥かしくなるのだが、確かに自分だなとも思った。この時の頑張りが、10年以上たって、「カルメン」とか「四季」、そして「君膵」につながっているのだと思う。暖房室で残して下さっているマスターズの動画を見直してみると、よくここまで動けているなと我ながら思うこともある。結果は芳しくなかったけど....。とにかく、頑張った! それだけは自分の14年間で言えると思う。

ただ、演技を見返して、また滑りたくなったかというと、それはない。フィギュアスケートの大変さ、難しさをひしひしと感じてしまった。同じ演技が今後もできるかと考えると、もう挑戦しようと思う気持ちにはなれない。今年の自分を振り返ってみても、右腕の骨折をおしてまでマスターズに出場し、滑りきった自分を、もう越えられないと感じるのだ。こんなに頑張ったのだから、もう十分じゃないか、そう思えて仕方ない。頑張りたくないわけではないが、頑張る自信が湧いてこないのだ。

演技を終えた直後は、骨折を治して来年も同じプログラムで出直しをしたいと思っていたのだが、三か月、四か月と治療が長引くにつれて、氷が怖くなってしまった。もう、過去の自分に区切りをつけてもいいんじゃないかと思うようになった。生涯スポーツとしても、フィギュアスケートは本当に素晴らしい種目だし、頑張られている沢山の方々と出会えたことに感謝している。でも、それはフィギュアを続ける理由にはならない。

自分の人生を眺めたとしたら、今回のような怪我を二度と繰り返すわけにはいかないし、過去の演技を見返しているうちに、むしろ14年間大きな怪我をしてこなかった方が不思議なくらいの危うさを見つけてしまった。一言でいえば、自分の演技はアンバランスだし、無理があると思う。それが、ジャッジから評価されない理由なのかもしれない。一番、力が抜けて自然なのが、今年の「君膵」だと思うのだが、皮肉にもその練習の過程で怪我をしてしまった。「あんなに打ち込んできたのに...」という思いは今でもある。でも、怪我の影響もあり、本番での演技は全然だった。本当に、素敵なプログラムを作ってもらったのに....どうして、あそこで転んでしまったのか。言いようのない悔しさは、今でも残っている。でも、来年に向けて氷の上に立つ気力は、どうしても出てこない。

結局、私にとってフィギュアスケートは、そのような存在だったのだと思う。

5月の大会前、名古屋のリンクを往復する車中で、繰り返し聞いていたのが「AXIA~ダイスキでダイキライ」というアニソンだった。歌詞の中に「片道だけの微熱で翔ける空」という表現がある。フィギュアスケートに対する自分の気持ちを言い当てている気がしていた。熱に浮かされたように練習を繰り返しても片想いのようなもので、結果としては報われない。それでも、滑り続けてきたし、いつの間にか14年が過ぎてしまった。片道だけの空を戻っていくことはできないのだから、そろそろ、次の空を探してもいいんじゃないかと思った。少なくとも、私はフィギュアスケートが大好きだったのだが、フィギュアから自分が愛されていたという感じはなかった。うらみつらみを記すつもりはないが、やっぱり片想いであり、報われない努力だったのかもしれない。

でも、この経験は、きっと自分の宝物になっていると思う。

たとえ報われなくても、14年も愛せたのは、幸せなことに違いないのだから。

だから、エレクトーンは、もっと幸せな気持ちで長続きしてほしいと思っている。

2019年10月10日 (木)

四度目のレッスン

9月から始まったエレクトーンのレッスンも1か月が経過した。

"Jupiter"も両手で弾けるようになり、やっとフットペダルの踏み方を教えて頂けるようになった。

慣れれば、ペダルの鍵盤の位置が自ずとわかってくるそうで、その点は両手で弾く鍵盤と変わらないと先生はおっしゃっていた。

足で鍵盤を自在に踏めるようになるのか、心配ではあるがとにかく練習せねばならない。

"Jupiter"はフットペダルも挑戦させて頂くので、まだまだ卒業とはならない。

それに加えて、グレード9級から挑戦していくことを先生に勧められたので、課題として曲集から”メヌエット”を選ばせて頂いた。

ピアノでも初歩で練習する課題だと思うのだが、これを通過しないで鍵盤楽器を習ったとは言えない気がするのだ。

9級なので、特に左手が簡単な編曲になっているが、あなどることなく一歩一歩勉強させて頂こうと思っている。

« 2019年9月 | トップページ | 2020年4月 »

バナー

フォト
無料ブログはココログ