« あの場面でなぜ!? | トップページ | コップの中の静けさ »

2014年2月20日 (木)

やっと....

本日は寝坊した。夢の中では「テレビ、テレビ...」と思い続け、なんと、実家でほこりを被っているテレビデオ(ビデオ一体型テレビ)まで登場してきた。ブルーレイレコーダーが当たり前の時代なのに....。そこまで焦っていたのに、起きてNHKーBSにしたら、キム・ヨナのインタビューだった。しかも、全選手の演技終了後の(4:30AM頃)。

そこで結果を見てしまい、真央選手が16位なことを知った。

正直、驚いた。でも、申し訳ないが、心底....ホっとした。4年間ずっと貯めていた胸のつかえが溶けていく気持ちになった。残ったのは苦さしかないが...。

浅田真央選手を応援し続けてきた。私までが滑り始めてしまうきっかけになった選手だし、ほんの一時期といえども生で観続けてきた選手なのだから、片時も気持ちを離したことはなかった。でも、苦しかった。「それじゃ違うでしょ!」と何度思ったことか....。

素人のフィギュア談義だから、確信を持ったことは無かった。批判的に記すしかないことが、本当に辛かった。でも、言いたかった。「十分に踏み込まなければ、大人は跳べない!」と。あるいは、「滑走スピードを増したらジャンプの軸のコントロールは難しくなる」とも。もちろん、速い助走で跳び、空中でタイトな軸を作るのが最高だが、その二つが反比例することは、単純に考えればわかるはずである。にもかかわらず、「踏込みでなくスピードで跳ぶ」という佐藤コーチの説明には、どうしても納得できなかった。だから、大事な場面でジャンプが抜けてしまうのでは?と思い続けていた。

何よりも、一番言いたかったことは、「バンクーバーの浅田真央は素晴らしかった、正しかった」ということだった。銀メダルは悔しかったのかもしれなかったけど、何よりも、自分と闘い続けた勝利の証でもあったのではないだろうか。幾度も記したことだが、3度の3Aの認定が、それを物語っていると思う。ソチに向けての4年間で、バンクーバーまでのジャンプが否定されてしまったことが、私は心から悔しかった。それでも、ソチでの彼女の成功を、私だって祈っていた。だから、苦しかった。

確かにスケーティングは美しくなった。一時期は失っていたスピンのポジションの正確性も取り戻してきた。ステップは、彼女の新しいチャームポイントになった。この4年間で得たことは、本当に多いと思う。でも、フィギュアスケートのシングル競技は、跳べてナンボの世界であることには変わらない。もう少し正確に言えば、「跳べなければ上位には留まれない」のであろう。だからこそ、バンクーバーで跳び続けた彼女を忘れてほしくはなかった。否定するのではなく、修正するのでもなく、今までの自分を肯定したうえで、新しい良さを増して欲しかった。それが銀よりも上のオリンピックメダルにつながるのかはわからないが...。

フリーに向けて願うことは、彼女の拘りであり、大事にしている3Aの成功である。できれば、2回跳んでほしい。それが、今シーズンの拘りだったのだから。ソチ入りの前に、FSでは1回に絞ることが報道されたが、正直、”戦わずして負けている”と思っていた。とてもじゃないが、本番前に記せなかったことなのだが。そういう時にこそ、「馬鹿言ってるんじゃないよ!君なら翔べる!!」と言うべきなのがコーチではないのか。試合前に弱気になりがちな選手の背中を守り続けることこそ、コーチングというものではないのか。でも、ソチに向けての浅田選手のコーチ陣がそういうポジティブなタイプでないことは、想像できた。

現在の拘りである、”6種類の3回転ジャンプの認定”については、それが女子史上初であるかどうかは、私はあまり関心がない。アルベールビルでのみどりさんが為し得ずにいたことを知らなかったし。ただ、フリースケーティングをクリーンに滑るという意味では、是非、応援したい。今回のプログラムは、一つひとつのジャンプで階段を上がるように盛り上がっていき、最期のステップシークエンスで登りつめるような構成になっているので、アクセルを含む全ての3回転ジャンプが散りばめられたら、本当に見事な演技になると思う。

でも、”史上初めて”を誇るのであれば、ルッツのエッジエラーがとられない方が良いだろう。そうでなければ、”正確に踏み切っての6種類”とか、更なる史上初の課題が出されかねない。マニアならそういうのは喜ぶかもしれないが、私なんぞは、とてもついていけない...。とにかく、美しく、強い、浅田真央を最後に観れたら最高である。言い古された言葉だが、”記録よりも記憶にのこる”選手であってほしい。

キム・ヨナについては、驚嘆する他はない。

でも、オリンピックや世界選手権だけに照準を絞り、グランプリシリーズをスキップする戦略は、私は好きではない。その意味では、良い時も悪い時もグランプリシリーズに出続け、勝利を重ねた浅田選手は、ヨナと同列で評するべきではないと私は強く感じている。ヨナを批判するつもりはないが、浅田選手は本当に立派だと思うのである。もちろん、一番大事な大会できちんと結果を出すヨナは、驚異ではあるし、スーパースターだとも思うが。ただ、公式練習のテレビ映像や、SP終了後の映像を見ていて、息があがっているように感じる。FSの後半でも勢いが続くのか、ちょっと不安を感じている。それでも結果を出すのがヨナとも思うが、敢えて予想をすれば、金メダルは獲れないと思う。

では、誰が金メダルかについては、全然わからない。

願うのは、ロシアの悲願である女子シングルの金メダルが、地元オリンピックで成就することである。リプニツカヤの”シンドラーのリスト”でその願いがかなえば、それは美しい物語だと思う、ミーハーな考えかもしれないが。とにかく、欧州の復権の兆しが、コストナーやロシア勢の活躍、あるいはドイツ選手の台頭にみられているように思えるし、それはフィギュアスケートにとっても良いことかもしれない。

仮にキム・ヨナが連覇することになったのなら、彼女は引退を決めているようだが、是非27歳まで滑り続け、地元五輪での3連覇を狙ってほしいものである。でなければ、ヨナ以外の有望選手が不在の韓国フィギュア界は大変かもしれない。本当に思うのだが、韓国メディアは、ヨナ連覇の可能性よりも、自国開催の五輪に向けての強化について論議をすべきではないだろうか。

金メダルよりも真剣に思うのは、明子さんの銅メダル獲得である。

ここまで頑張ったのだから...神様、明子さんに銅メダルをプレゼントして下さい。と、祈らずにおれない。もし、できたら、村上佳菜子選手の入賞と、真央さんの笑顔も....。それぞれの選手達が、それぞれに五輪を楽しんでほしいと思う。ここまで頑張ってきたのだから。

「家に帰るまでが遠足」という言葉があるが、同様に、”キス・クラを去るまでが演技”とも思う。どんな演技であっても、期待された順位に届かなかったとしても、最後まで笑顔を忘れずにいてほしい。

« あの場面でなぜ!? | トップページ | コップの中の静けさ »

コメント

まさかと覗いてたのですが、こんなに早く更新されているとは、、残念なニュースだったけれど更新はうれしいですね。スケートをされている方のスケート論評は実に楽しく読ませていただけます。

才能ある浅田選手の伸び悩み感や、3人ともメダル圏外になっていることなど、本当に今朝がたは日本全国がっかり感が漂ったようです。
こうなったら本当に、鈴木明子選手にメダルを・・!私も本当にそう思います。

ヨナ、ソトニコワ、コストナー、、、私の予想はこの3人がノーミスというのはありえないんじゃないかと思ってます。神演技で伸びてくるのはその下につけてる選手かも。
そして、私はキムヨナのジャンプの質と演技スタイルにはいつも魅せられていますが、やはり世界選手権とオリンピックだけに照準を合わせているのはあまり好きではありません。

本当に今回ねくすとさんの記事には逐一納得させられます。キスクラを去るまでが演技。笑顔で、、そう思います。
パトリックチャンはかなり悔しかったでしょうが、羽生を笑顔でたたえました。かっこよかったです。それぐらいのメンタリティが私にはアスリートとして魅力的にうつります。それこそ王者の風格かと。

いずれにしても、フリーが楽しみです。
って仕事片づけてさっさと早く帰らないと(笑)

raitさん、おはようございます。コメントをありがとうございます。

細々と....ほんとうにのんびりと続けさせて頂いております。ミーハーですので、オリンピックや全日本など、大きなイベントの時くらいは、更新せねばと思っております。思い出したら、またのぞいてみて下さいm(__)m。

>>ヨナ、ソトニコワ、コストナー、、、私の予想はこの3人がノーミスというのはありえないんじゃないかと思ってます。神演技で伸びてくるのはその下につけてる選手かも。

私も米国選手の大逆転があるのでは?とも思っていました。あるいは、コストナーがサバイバルを制するかもとか。でも、結果はロシアに微笑んだようです。韓国は色々言いたいことがあるようですが...。

願うのは、ブラジルW杯などで、この騒動のパフォーマンスを韓国代表がやらかさないことです。ソルトレーク五輪でのショートトラックでの恨みを、日韓W杯でアン・ジョンファンのゴール時にパフォーマンスしたことがありましたが、ああいうのは面白くないです。

それに比べたら、私も、パトリック・チャンは立派だと思います。負けを負けと認めるからこそ、チャンピオンの風格が増すのだと思います。もちろん、リヴェンジを誓ってのことでしょうが。
でも、まさか...男子シングルで五輪チャンピオンが日本から出るとは...。感無量です。本当に、東北は素晴らしい地域なのだと思います。私は行ったことがないのですが、いつか、のんびり岩手や宮城を旅行したいものです。

>>いずれにしても、フリーが楽しみです。
って仕事片づけてさっさと早く帰らないと(笑)

お仕事お疲れ様です。
次のエントリーにも記しましたが、私は夜勤勤務でした。でも、浅田選手の演技は観られました。本当に幸運でした。五輪とスケートの神様に感謝です。

今後もボチボチと続けていきますので、どうか、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと....:

« あの場面でなぜ!? | トップページ | コップの中の静けさ »

バナー

フォト
無料ブログはココログ