« やっと.... | トップページ | あと1カ月 »

2014年2月23日 (日)

コップの中の静けさ

2月21日の深夜、1時半に夜勤勤務の仮眠休憩時間となり、詰所に籠った。

テレビをつけたら、村上佳菜子選手の演技後半だった。キスクラで山田コーチと樋口コーチに挟まれて、うんうんとうなづく村上選手が印象的だった。続く中国の張 可欣の演技の後、いまだにブラウン管の14型テレビの前に、文字通り、釘づけになった。

真央選手の演技は、本当に素晴らしかったと思う。アンダーローテーションはあったようだが、ジャンプをことごとく決め、最後のステップシークエンスでは場内の拍手も聞こえた。3Aは1回だけだったけど、きちんと決めてくれた。正直....まさか挑むとは思わなかった(スミマセン)3F+3Rを踏切り、降りてしまった。びっくりした。まるで、神が降りたような演技だった。演技を終え、上を向いて涙がこぼれないように、こらえていた姿は、多くの方々同様、私の心も撃った。

とにかく、良かった。素晴らしかった。

残念なのは、その演技が女子最終組でのことではなかったこと。やはり、SPの不振は本人が語るように、取り返すことができない結果であった。でも、2011年12年と2回続いた世界選手権での6位と違い、今回オリンピックでの6位は、沢山の方々が祝福し、賞賛する6位なのは間違いない。文字通り、世界中のファンの記憶に残る6位になったであろう。

記録の方は、私はあまり興味がない。前のエントリーにも記したが、この手の話題には際限がないから。ただ、ただ、素晴らしいプログラムを演じたことを讃えたい。夜空に舞う雪片のきらめきが美しいのは、スキーのエアリアル競技だが、それにも似た輝きが、ラフマニノフのジャンプにはあった気がする。

(閑話休題)

さて....関心の外に置きたいのは、上位争いの採点に関する紛争も同じである。ウチの中でも語られているのだが、それに真央選手が巻き込まれなかったこと、それだけは、女子最終グループで滑らなかった利点なのかもしれない。ちょっと寂しいが、でも、真央選手の五輪の後味が悪くなかったことは、良かったと思う。

その夜の私は、真央選手の演技を観て、安心して仮眠につき、朝4時からは仕事を再開したので、ヨナやソトニコワの演技はまだ観てない。ヨナの3連覇という勝手な願いが絶たれたのは残念だが...大した選手だと、つくづく思う。嫌いなファンも多いとは思うが、私はリスペクトしている。

でも、やっぱり、真央選手が一番!!

« やっと.... | トップページ | あと1カ月 »

コメント

正直私もフリーを滑れるのだろうか?なんて心配してましたが、五輪の金メダル候補のメンタルをなめたらあかんわ、すみませんと思いましたw

次々にジャンプを決め、鬼神のような演技に涙が止まりませんでした。

金メダルを期待していましたが、そんなことはどうでもいいやって思えるぐらいに素晴らしかったです。
浅田真央には最後まで予想のつかないドラマがありましたねぇ。

ヨナさんは嫌いじゃないんですが、どこかスケートに対してクールに見えるところがちょっと苦手でした。
どなたかがまるで軍人のようだと書いてましたが、自分のやるべきことをやるというのは見事だと思います。彼女は韓国の選手で無ければもっと日本で愛されたかもしれないですね。

MIKさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

>>浅田真央には最後まで予想のつかないドラマがありましたねぇ。

ドラマの終章が劇的であり、感動的でしたので、とても良かったと感じております。本人にとって最高の五輪であることが、何よりです。

>>どなたかがまるで軍人のようだと書いてましたが、自分のやるべきことをやるというのは見事だと思います。

本当にそうですね。やるべきことをやる、決めるべき時に決める、勝つべきときに勝つというのは、本当に凄いことだと思います。バンクーバーの女子シングルのメダリストの中で、ヨナだけが次の五輪もメダルを獲った。この事実はゆるぎないものであり、一つの金字塔だと私は思います。個人的には、ソニア・ヘニー以来の3連覇を目指してほしかったのですが...それも勝手な願いですし...(笑)

>>彼女は韓国の選手で無ければもっと日本で愛されたかもしれないですね。

日韓関係がスポーツの世界でもデリケートな問題になっているのは、残念なことですね。Jリーグには韓国代表にもなっている選手達が活躍していたし、パク・チソンのように欧州でも成功した選手をリスペクトする日本のファンも多いとは思うのですが...。ただ、サッカーなど球技とは違い、採点競技ではどうしても不可解さが残るので、他国の選手達をシンプルに好きになることができないのかもしれませんね。昔、「キム・ヨナが好き」と言っていた小さな子がクラブにいましたが、そのくらい無垢な目でフィギュアスケートを見られるようになりたいものです。

なんにしても、今回のヨナは、ちょっとパンチに欠けていたかもしれないなと思いました。やはり、一番偉大なのは、ブライアン・オーサーなのかもしれません。

真央選手は世界選手権にも出場するそうなので、引き続き応援していきたいです。公言通り今シーズンで引退するのか、あるいは来シーズンも滑り続けるのかはわかりませんが、仮に佐藤門下のままとしても、もうあ~だこ~だは言わないようにしたいなと思います。胃がもちませんので....。

>昔、「キム・ヨナが好き」と言っていた小さな子がクラブにいましたが、そのくらい無垢な目でフィギュアスケート

むむー!私、ふつーにキムヨナって好きな選手ですけどね。無垢な人間でも子供でもないけど。
今回のオリンピックは、パンチがない、とはその通り。ちょっともっさり系になってしまって、何よりスピンが遅くなった感じがします。
ロクサーヌ、こうもり、死の舞踏、、、あのころのキレキレで渾身の演技が懐かしく思います。
重圧の下、プレーするのはもうスポーツとして辛いだけなのかも、、

真央はアルトゥニアンの時が良かったなあと思ってしまうんですけどね。タラソワスタイルは好きになれませんでした。
でも彼女が佐藤コーチを選んでいるわけですから、応援していきたいとは思います。が、願わくば、違う門を叩いて違う進化をみたいと思ってますが。

>raitさん

コメントをありがとうございました。

>>私、ふつーにキムヨナって好きな選手ですけどね。

そういうことが普通に言える環境が一番ですよね。ネットに根強く残る嫌韓の主張や採点疑惑の意見を思うと、キム・ヨナが気の毒に思えます。
タンゴ・ロクサーヌは07年の東京で観る機会がありましたが、戦慄だけを覚えています。「憎らしいほど強い」という感じでもありますが、もう少し、日本で愛されてほしい選手でもあります。

>>重圧の下、プレーするのはもうスポーツとして辛いだけなのかも、、

韓国は、どうしてキム・ヨナに続く選手が出ないのか、不思議に思います。ショートトラックやスピードでは、あれだけ選手を輩出しているのに。
韓国のLPGメーカーのE1の、キム・ヨナに関するCMが物議を醸しましたが、彼女一人への国内の重圧の程がわかります。ヨナのためにも、ポスト・ヨナの出現が必要だと思います。

>>真央はアルトゥニアンの時が良かったなあと思ってしまうんですけどね。タラソワスタイルは好きになれませんでした。

私は、あのシェヘラザードだけは、タラソワに悪意を感じずにはおれません。もちろん、彼女にはそんな意図はなかったでしょうし、浅田選手に合わなかっただけでしょうが....。あと、「白鳥の湖」もこのブログでさんざん批判させて頂きましたが....。

でも、仮面舞踏会や今回のラフマニノフなど、重厚な曲の振り付けは、浅田選手の持ち味を生かしていたと思います。

アルトゥニアンの指導は1年だけでしたので、私はなんとも言えませんが、もう少し長かったら結果は違っていたのかもしれませんね。お母様のこともあり、仕方がないこととは思いますが、バンクーバー前のコーチ不在の時期が、いまになればもったいなかったと思わずにおれません。

全ては彼女あるいは浅田ファミリーの決断ですので、応援する者としては何も言えませんが。

>>願わくば、違う門を叩いて違う進化をみたいと思ってますが。

4年前に時計の針を戻してほしい...というのが、私の正直な気持ちです。確かに、FSは素晴らしかったですが、それで全てを清算するには、この4年間の迷走の度合いが酷すぎますので。

なんにしても、稀有な選手でした。
オリンピックの最終場面で有終の美を飾れたのは、真央選手の力以外のなにものでもないと、私は頑なに信じております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コップの中の静けさ:

« やっと.... | トップページ | あと1カ月 »

バナー

フォト
無料ブログはココログ