« チャレンジング | トップページ | やっと.... »

2014年2月10日 (月)

あの場面でなぜ!?

ソチ五輪団体戦の女子SPの浅田選手には失望させられた。

彼女だけではなく、彼女にあの場面で3Aを跳ばせたコーチ、監督達、フィギュア関係者全てにであるが。

3Aが彼女のチャームポイントであり、一番の拘りであることは理解できる。でも、それは野球に例えれば、長距離バッターが2塁打、3塁打を狙うようなものであり、必ずしも成功するとは限らない。ホームランバッターがボールをより遠くに飛ばすのが本能であるのはわかるが、時にチームプレーに徹することも求められるであろう。

それが、団体戦でのSPであった。

もしも....彼女が冒頭の3Aで崩れ、次々とジャンプに失敗していたらどうなっていたであろうか?彼女の順位があと二つ下がっていたら、ポイントでフランスと並んでいた。あるいは、カナダの女子SPのオズモンドの健闘がなく、フランスのメイテが順当なポイントを得ていたとしたら、日本がフランスの立場になっていたのかもしれない。

実際のところ、彼女のSP3位という順位が適当なのか、私は理解に苦しむ。トップ選手達がこぞって試み、そして成功させている3-3のコンビネーションがなく(セカンドのループは回転が不足していたのでは?)、無謀にも試みた3Aはダウングレードで転倒の減点、それでもPCSに救われて3位に立ったが、これでは4位のワグナーが救われないではないか?

どうしても思わざるを得ないのは、”浅田真央”ではなく、「日本団体チーム」をファイナルへ進めたいのであれば、SPの冒頭は2Aにすべきであったということである。それこそ、基礎を見直し、ジャンプ以外の全てを磨いてきた4年間であれば、確実にポイントを稼ぐことで彼女は確固たる順位を得たであろう。決して、フランス、中国の女子選手達に後れをとることはなかっただろうし、日本は順当に駒を進めたであろう。

結果的にはファイナルに進めたのであるが、SPでは3つしかないジャンプの失敗で、チーム日本が瀬戸際に立ったことは、私は記しておきたい。結局は、PCSで救われたのであるが...。繰り返しになるが、この責任は選手だけではないと思う。彼女に2Aを指示できなかった監督、コーチの責任でもあろう。私自身は、カップル競技選手達の世界ランキングを考えれば、日本がメダルをとる可能性があるとは考えていなかった。むしろ、町田選手や鈴木明子選手、リード姉弟組に、観客が入った状態での本番リンクで滑る経験が与えられたことに、ファイナル進出の意義を感じていた。だから、4位であろうと、5位であろうと、それほど違いはないと思う。

願うのは、個人戦で、この経験を生かしてほしいということである。

でも、佐藤コーチは駄目である。大変残念なことであるが、FSで3Aを一つに絞るという選手の申し出は許容したにもかかわらず、大事な場面でバントのサインも出せないコーチには、大きな失望を抱いた。これがプロ野球だったら、「監督引込め!」の野次でも言いたいところである。

« チャレンジング | トップページ | やっと.... »

コメント

ねくすとさん、こんにちは。

おおむね同意です。

何のための団体戦なのか。せっかくの新しい競技として導入されたのに、これでは、まるで、個人戦のリハーサルのようにも思えます。
勝つための団体戦として、戦術は変えるべきでしたね。
確かにソチ入りしてから浅田選手は3Aの調子が良かったので判断に迷うところはあったのかもしれませんが。

raitさん、おはようございます。

コメントをありがとうございます。私の言葉の調子がかなり批判的となってしまっていますが、浅田選手を応援する気持ちは変わっていません。でも、「なんだかなぁ....」というのが正直なところです。

>>勝つための団体戦として、戦術は変えるべきでしたね。

本当にそう思います。
私の思い入れが強すぎるのかもしれませんが、トリプルアクセルに拘るからこそ、あの場面でのアクセルをダブルにする意味があったと想像するのです。そして、敢えて拘りを(文字通り)封印してチームプレーを選択した意義をメンバーが感じてくれれば、チームに弾みがついたかも、とも考えてしまいます。全部、想像での話なのですが...。

ただ、確信をもって言えるのは、この団体戦はスポーツとして面白い競技だということです。結果から言えば、女子はSPを鈴木選手にして、FSを浅田選手のラフマニノフで締めた方が良かったのかもしれません。そういう選手起用も含めてファンがあれこれ言えるということでも、楽しい競技のような気がします。

>>確かにソチ入りしてから浅田選手は3Aの調子が良かったので判断に迷うところはあったのかもしれませんが。

その事情はあったのかもしれません。
でも、「あそこはやっぱりバント(大技を狙わない)だろう」と思いますし、そういうチームスピリットが浸透すれば、この競技はもっと面白くなると思うのです。勝手な意見ではありますが....。

なにはともあれ、シングル競技も始まってますので、選手達の頑張りに期待したいです。少なくとも、観客の入った本番会場での経験値は日本選手達は増していますので、それが生きてくれたらと思ってます。もちろん、高橋選手と村上佳菜子選手にも期待してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの場面でなぜ!?:

« チャレンジング | トップページ | やっと.... »

バナー

フォト
無料ブログはココログ