« 試合終了 | トップページ | 備忘録 »

2010年5月16日 (日)

暖房室の動画を見て

スケートコムコム「暖房室」のお気楽さんが、早速、動画を掲載して下さった。

先ほど帰宅したので、確認した。

一番感じるのは、滑っていないということ。焦りからだと思うが、ストレートラインはテンポよりも動作が早く入って、その分タメがとれていない。そのタメの間は滑らなくてはいけないのだが、それがないので、ステップからステップへと陸上を歩いているような動きになっている。

レフェリー講評で藤森氏から、”ウォーキングステップ”と指摘を頂いたが、そういう意味なのだろう。

特に、バックインで滑ってからアウトサイドに踏み出す、大事な部分ができていなかった。

ジャンプは、最初のアクセルでパンクしてしまい、空中でなく、着氷後にターンしてしまったのは、演技中にもわかっていた。でも、その後のルッツ→トゥループで、前降りで左足を着いていたのは、自分では気付かなかった。右足だけで降りていたと思っていた。いずれにしても、ルッツ→トゥループは、プログラムではシングルにすべきであったのだろう。完全な前降りであり、あれでは評価されるわけがない。

ストレートラインの後のステップからシングルループは、インストラクターの先生から綺麗に入れられたと演技直後に言われた。バックインロッカーの部分で滑りきれずに、すぐに反対の足に入ってしまうところがあるのだが、ジャンプは良かったと思う。右インスリーの足だけで踏み切るループなのだが、深夜の江戸川で集中しておさらいした甲斐があった。

このループの出でつまづくが、転ばなくて良かった。つまづかなければもっと良かったのは、言うまでもないが...。

スピンは、回れて良かった。ポジションや回転軸を問題にできるレベルではないので、曲に合わせて回転を続けただけが、私の精一杯である。とにかく、二か所で回れて良かった。

演技後、センターに向かう姿がみっともないのだが、目の前が真っ白になってしまい、立っているのも大変だった。演技後に見せるべき姿ではないのだが....。

レフェリーからの講評では、冒頭に、「大きな体で...」と言われたのが、ショックだった。1.7という評価からすれば、好意的な意味で言ったのではないのだろう。体は隠すことはできない。細くすることは、原理的には可能かもしれない。でも、私は、私の許される範囲で節制している。82kgの体重は、今の仕事と生活を維持しながらの節制で、ギリギリの線なのである。

身体の上と下との動きが別々との指摘もあったが、おそらくは、動きに足がついていってないことなのだと思う。これは、音楽に上半身で踊っており、足がテンポから遅れまいとゆとりがなかったことと同じなのだと思う。足の動きにタメをつくれれば、もう少し見栄えがしたのかもしれない。

最後に、身体の動きが不自然との指摘をされた。

これについては、何も言えない。レフェリーがそう言われるのなら、そうなのだろう。

でも、最後のフリップ→トゥループ~(ホップ)~サルコウの流れで、サルコウで軸がとれずにバランスを崩してしまった。でも、私は転ばなかった。あそこで空中での軸をとれなかったのは私のミスなのだが、それでも転ばなかったのは、頑張りである。普通なら転ぶところを持ちこたえた。それだって、自然の流れには反していることだと思う。

私の演技全てがそうなのだと思う。

とにかく頑張った。転ばなかった。ただ、それだけである。私がフィギュアスケートをやること自体が、不自然であり、無理なことなのであろう。でも、頑張った。精一杯演じた。反省点は多いが、あれが私の精一杯である。

あとのことは、辛すぎるので、ここには記したくない。

でも、点数の後、ジャッジからは評価されない自分の演技について、クラブの先生に率直に相談した。先生からは...

・努力して上手になっていることは確かであり、方向性は間違っていない

・ジャッジの評価は出ていないが、それを求めている間は、出ないのかもしれない

と言われた。金言なのかもしれない。

お忙しいなか、二人の先生がいらして下さったことの重みを、私は理解せねばならないのかもしれない。看護でも、なんでもそうなのだが、最後にものを言うのは、ハートだと信じている。その意味で、観客の方々から頂いた拍手は、本当に感謝している。

それと、”アフリカンシンフォニー”を演じ切った。

このことに、感謝します。

« 試合終了 | トップページ | 備忘録 »

コメント

お疲れさまでした。

フィギュアスケートは相対評価なので、レベルの高い人が多ければ、評価も低くなるし順位も下になります。ねくすとさんの出場されたクラスはかなりハイレベルな戦いでしたし。
一番大切なのは、自分の出来る事を出し切れるかどうかなのだと思います。そういった意味では100点満点だったのではないですか?
演技を拝見いたしましたが、スピードもあったしキビキビしてきて気持ちの良い演技だったと感じました。

私も講評は藤森氏からでした。他の選手の講評も順番待ちして聞いておりましたが、どの選手にもダメ出しというか厳しい事を言っておられました。どこを改善しどんな練習をしたら良いのかまで指摘されておられました。国際ジャッジをされるような方から、大人の趣味スケーターにきちんとしたアドバイスを頂けるのですから、こんな素晴らしい事はないと思います。

また一年後、お互いに進歩した演技が出来るよう頑張っていきましょう。
(やめないで下さいネ

まりりんさん、こんばんは。マスターズの会場では本当にありがとうございました。

点数については、終わった試合ですので受け留めるしかないと思います。ただ、私のクラスのレベルの影響ではなく、一方的に私の点数が低かったと理解しています。その意味については、僻みではなく、向上するように受け留めるしかないでしょう。

>>一番大切なのは、自分の出来る事を出し切れるかどうかなのだと思います。そういった意味では100点満点だったのではないですか?

おっしゃる通りです。ミスもありましたし、明らかな技術不足もありましたので、満点ではありませんが、私も私の演技が好きです。あれが、今の私の精一杯であり、胸を張って披露できる演技です。

たとえジャッジがどんな評価をしようと...それを申し上げる自由は、私にあると思います。

>>国際ジャッジをされるような方から、大人の趣味スケーターにきちんとしたアドバイスを頂けるのですから、こんな素晴らしい事はないと思います。

このことは、マスターズの魅力だと思います。
やはり、国際的なジャッジに評価して頂けるということで、その日を目指す選手は多いと思います。

とにかく、頑張っていきたいと思います。
辞めることはないでしょう。こんなに悔しい思いは、生まれて初めてかもしれません。ふがいない演技で悔しかったとか、そういうのではなく、会心の演技でも全く相手にされなかったという悔しさは、想定しておりませんでした。

なにより、指導して下さった先生方に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

それでも、温かい拍手を下さった皆さまに、心から感謝しております。その思いを忘れずに、これからも頑張っていき、来年はもっと良い演技をしたいと思っております。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暖房室の動画を見て:

« 試合終了 | トップページ | 備忘録 »

バナー

フォト
無料ブログはココログ