« 今日から練習再開します | トップページ | セカンドインパクトを小学生に経験した学生達 »

2009年6月21日 (日)

今日の氷上練習('09.6.21.日)

マスターズより1ヶ月ぶりにリンクに降りた。

邦和はいつもの日曜日と同じで、ボーイスカウトや子ども会の団体客が沢山来ていた。教室も相変わらず盛況。リンク経営の収支の状況はわからないのだが、休みの日に沢山のお客さん達が来ているのは、良いことだと思う。

ジャンプは早々に禁止になったが、今日は氷の感覚を戻すことが主な目的だったので、自分には関係がなかった。ブランクが長いといつもそうだが、今日も最初はブレードの乗り位置がわからず、後ろの方に重心がいきすぎてバランスを崩しそうになる。ただ、この時にあわててお腹を曲げたりして重心を戻そうとすると、今度はトゥが氷にひっかかって前につんのめりそうになることがある。なので、練習歴がある程度ある人なら、あわてずにバックバランスのままで滑走姿勢を維持し、少しずつ正しい乗り位置を探る方が安全だし、スムーズだと、私は感じている。

バランスが後ろにいったまま滑るのは怖いこともあるし、持ちこたえられなければ、当然尻餅をつく。でも、慣れてくればバックバランスでも粘りというか、その状態を我慢しながら滑れるし、アウトサイドモホークのターン(真央選手が上手だが)の時などは、重心は後ろの状態で維持していると思うのだ。

で、少しずつ乗り位置を思い出しながら、フォアのスケーティングの練習をしていった。お客さんが多いので、スピードは出さずに、乗り位置を慎重に思い出しながらだったが、自分的には良かったのではないかと思う。ある程度滑ったら、感覚は普段通りになっていた。

昼食休憩でお客さんが引けた時に、バックのスケーティングの練習もした。こちらは重症だった。乗り位置も、滑走中のエッジコントロールも、姿勢の保持も、ほとんど忘れてしまっていた。どちらかというと、私はバックスケーティングの方が好きだし、慣れていると思っていた。でも、ブランクの影響はフォアよりもバックの方が顕著だったようだ。もちろん、滑りながら段々に思い出していったが、バックエッジでの重心の位置は最後まであいまいだったように思う。あと、片足を保持してバック滑走するのが大変になっていた。途中で氷の溝にはまったりして、ひどく転倒したことがあった。普段でもそういうことはあるが、今日は特にひどかったし、バランスを崩した後の修正がきかなかった。

でも、できなかったところは今後取り戻せば良いと思う。今日は、ブランクの影響が確認できただけで成果があったと考えている。バック滑走をしていて、背部の筋力の低下を痛感したので、そこはプールでのトレーニングで戻せていけたらとも考えた。

先生にレッスンしていただき、トゥジャンプの踏み切りのタイミングとループジャンプでの上半身の向きをみてもらった。人は少なくなった時間だったのだが、ジャンプ禁止は解除されていなかったので、踏み切り段階までで回転はしなかったが。過去に指導していただいたのに、自分の中で忘れてしまっていたポイントが多いなと反省した、すみませんでした。それと、マスターズで指摘された事柄を先生に報告し、フットワーク改善の練習法を指導していただいた。

基本的には、今までやっていたスケーティングの練習の難度を少しあげ、コンパルソリに1級課題のフォアのチェンジエッジを入れること(今まではサークルばかりを描いていた。時々はチェンジも練習していたが、あまり一生懸命ではなかった)、スネークのフリーレッグを前に出して上半身の捻りと膝・足首の屈伸を使って大きくエッジを使う練習をすることを言われた。今までのスネークは、両手を広げてバランス保持をしていたのだが、腕に頼ったバランスではなく、フットワークだけでバランスを保つことがフィギュアでは要求されるようである。このあたりの、エッジワークだけでバランスが保てるという部分に、私の大きな不足があり、それを指摘されたのかもしれない。

正直、私にとっては一番苦手なところなのだが(エッジに乗るというのは、言うは易いが行うのは難しい)、良い機会なので、少し頑張ってみようと思う。あくまでも、家計と仕事とのバランスをとりながらなのだが。

エッジに乗ると言えば、逆の体験なのだが、氷上整備が終わってリンクに戻るときに、エッジケースをつけたまま出てしまった。当然、転倒した。でも、エッジケースを外していないことを知らないながらに、「あ、エッジにかからない」とすぐに感じて、あわてずに転倒体勢をとれた。詩子先生の目の前だったので、ご心配をおかけしてしまったが...。

焦らずに転べたことを振り返って、なんというか、自分にもエッジを感じ取る目みたいのがあるのだなと思った。ただ、ズルっと滑ってあわてるのではなく、「これじゃぁ滑れない」と、氷に着いた時点で感じたというのなら、逆に、「ここなら滑れる」というセンサーみたいなものが、氷と自分との間にあるということなのだろう。この感覚を育てていけば、少しずつ、エッジに乗る感覚の精度もあがっていくのではないかと思ったのである。

« 今日から練習再開します | トップページ | セカンドインパクトを小学生に経験した学生達 »

練習日記」カテゴリの記事

コメント

初めまして。週1の教室に通っている大人スケーターです。セミサークルの動画、とても参考になりました。
また違った動画(ターンなど)撮ってくださるとうれしいです!
大人から初めて大会に出るほど上達するなんて、すごいですね!
スケートやめるなんてもったいない。ぜひ続けてくださいね。

chiroさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

動画を参考にして下さり、とても嬉しいです。とても手本とは呼べない代物ですが、見て少しでも役立ててもらえたらと思ってます。他のターンなども、機会をみてあげていくようにします。のんびりペースで申し訳ないのですが、待っていて下さい。

今は名古屋で先生に習っていますが、そのリンクにも、教室に来ている大人スケーターの方々が沢山いらっしゃってます。なかには、私よりずっと上手かなと思える人もいます。


>>スケートやめるなんてもったいない。ぜひ続けてくださいね。

先生からも同じように言われました。
なんだか、「もう、辞める」というのが年間行事みたいになってしまい、本当に恥ずかしいのですが、それだけ引き際の難しい趣味(スポーツ)なのかもしれません。でも、始めて良かったと思ってますし、後悔はしてません。

ただ、ペースはちょっと落とさないと、仕事や生活がアブなくなっているので...そこが辛いところです(^^;。なので、大人スケーターらしく、賢いスケートライフを目指してみますので、よろしくお願いします。

とにかく、氷の上は別世界なので、色んなストレスを忘れるにはすごく良い環境だと思います。chiroさんも、是非、スケートライフをエンジョイ!して下さい。

時々、落ち込んでブログをサボったり、コメント欄を一時閉鎖することもあります。本当に申し訳ないです。でも、もし、そんなでも良かったら、時々のぞいてみて下さい。 よろしく、お願いします。

以前スピンの事でご相談致しました。
 私のホームリンクの長崎のスケート場は冬季
のみの営業でしたが、そのリンクも来期限りで
閉鎖になる事となり、途方にくれてます。
 夏は福岡まで練習しに行かなければならない
のに、テンションが落ちてしまってどうにもなりません。 ねくすとさんのブログは私のような地方の大人
スケーターにとって心の支えなのです。これからも
スケートを続けて、灯台の明かりのように、光をともし続けてください。 お願いします。    

ともともさん、こんばんは。

ありがたいお言葉をありがとうございます。
厳粛な気持ちで承りました。

私自身は、欠点の多いどうしようもない人間ですので、人様を照らすことはできそうにないです。でも、ともともさんのお気持ちを受け留め、動き続けることは、きっとできると思います。スマートなやり方はできないかもしれませんが、まだまだ、頑張ります。

だから、気持ちが戻ってきたら、ぜひ福岡のリンクにも足を伸ばして下さい。福岡の飯塚にあるリンクでは、藤澤選手も頑張っていますし。

いつか、リンクでお会いできると嬉しいです。
お金があれば、8月の飯塚杯を観に行きたいのですが、ちょっと資金難で...。でも、来年は、飯塚杯の観戦やパピオカップなど、九州に行く機会を作れるように頑張ってみます。

また、お気持ちをこのブログに記して下さると嬉しいです。

復活されたようですね。
きっと戻られるだろう・・と思いつつ、半分は無理かなぁ・・とおもっていたので、ちょっと安心しました。

まあ、
スケートは麻薬みたいなものなので、抜け出すのはなかなか難しいとは思っていましたが(ニヤリ)


気力、体力、経済力と時間・・・

大人が仕事以外で何かをやり続けるということは、とても大変なことです。

だから、
余り片意地をはらず、自分のペースで出来ればいいと思いますよ。

そこそこ頑張ってください(笑)

yuujiさん、おはようございます。
コメントをありがとうございました。

いつも、ご心配をおかけして申し訳ありません。

>>まあ、
>>スケートは麻薬みたいなものなので、抜け出すのはなかなか難しいとは思っていましたが(ニヤリ)

このことは、時々耳にします。
なので、スケートとの距離の置き方は注意しないといけないだろうなと、思っております。趣味が昂じて身を滅ぼすのでは、シャレになりませんので...。

ただ、高いレベルで頑張り続けることが、たとえば仕事とか、生活とかといった他の事柄にも良い影響をもたらしてくれているとも感じます。少なくとも、スケートのおかげで気持ちに粘りが出てきたと思ってます。ですので、絶対的な量は今後は減らさないといけませんが、「頑張り続ける」という気持ちだけは、続けていきたいなと願っております。


>>余り片意地をはらず、自分のペースで出来ればいいと思いますよ。

反面、それができないので、苦労している気がします(笑)。人との関係の中で生きるのも人間ですので、ボコボコと色んなことにぶつかりながらも、前を見ていくしかないかなぁ...とも思っております。

また、よろしくお願いします。

元気出していきましょう♪しんどい時は、休みましょう♪そして何よりマイペースでいきましょう♪自分にも言い聞かせています。

さっちゃんママさん、こんばんは。

いつも励ましのお言葉をありがとうございます。

本当に、元気・休息、そしてマイペースは大切ですね。ときどき、このブログも休んだり、退避したりするかもしれませんが、日照りにも耐える苔のように、しぶとくやっていきますので、どうかこれからも、よろしくお願いします。

>>自分にも言い聞かせています。

いよいよ五輪シーズンです。
私達も元気が出てくる演技を期待したいですね!

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日から練習再開します | トップページ | セカンドインパクトを小学生に経験した学生達 »

バナー

フォト
無料ブログはココログ