« されど真央は偉大である... | トップページ | アフリカン・シンフォニー »

2009年5月14日 (木)

明日...

明日、午前中に病棟実習があり、午後は学生への個別指導、それが終って身支度を整えたら、東京へと向かう。仕事がトラブルなく終わり、土曜日の本番を迎えられれば良いのだが...もう、祈るしかない。

でも、昨年よりかは気持ちは楽だ。今週に入って、火曜日にモリコロの貸切練習に出させていただけた。”アフリカンシンフォニー”の振付もして下さった、インストラクターの先生のクラブ練習に参加させていただけたのだ。私は別のクラブに所属しているので、シーズン中の貸切練習では、曲かけを先生にみていただくことはできなかった。今日、初めて、振付をして下さった先生に全体の通しを指導していただけた。

この貸切のチャンスがなければ、本番までその機会はなかったので、ご配慮くださった先生と、クラブの皆さんには本当に感謝している。火曜日の1時間半は、シーズン中の10時間に匹敵するくらい貴重な練習だったと感じる。先生からは、終末の滑走コースは変更の必用があることをアドバイスされ、それが課題として残った。あと、シット(といえるようなシロモノではないのだが...)の入りで、もっとエッジに乗ってとの指導もいただいた。自分の先生に全然みていただけない(ステップやジャンプなど、部分レベルでの指導はいただいていたが...)状態で本番に臨むのは、かなり不安があったので、これで不安は解消できた。

ただ、仕事と大学院の勉強がかなり忙しく、結局、今週は調整レベルでもトレーニングが全然できなかった。職場でもできる運動を考え、少しはやったが、量は全然足りない。なので、筋肉が緩んだままで明日に臨むことに不安はある。でも、仕方ないので、今の状態で調整していくしかない。明日の朝は、走れるだろうか...?

あと、衣装がやっと目処がついた。

振付を覚えた頃からずっと気にしていたのだが、今回の曲にどんな服で臨むのか、衣装は頭痛の種だった。結局、靴が黒なのでパンツも黒にするのは譲れず、シャツは薄手の白にして、インナーを緑にすれば、シャツから透けた緑がきれいかなと思い、それで準備した。ところが、鏡で見てもシャツからはそんなにインナーの色は透けてこない。インナーが見えるようにシャツのボタンを外したら、滑走時の風圧で膨らんでしまうだろうし...。あれこれ考え、”アフリカン~”なので、土くさい茶色のシャツ(自分が持っていたもの)を使うことにした。火曜日の貸切でも、それを着て滑ったのだが、特に抵抗はなく、これで衣装は決まったことになる。

あとは、荷造りが大きな仕事だが、もう疲れて眠いので、明日にしようと思う。

« されど真央は偉大である... | トップページ | アフリカン・シンフォニー »

大会」カテゴリの記事

コメント

ねくすとさま
いよいよ明日ですねぇ。

実は、いま、衣装を作っている真っ最中です。

かなり焦っています(笑)

ねくすとさんの演技、リンク入りの時間の関係で、見られるかどうか微妙です。
応援できなかったらご免なさい。

お互い頑張りましょうね。

いよいよですね。がんばって下さい。私ごとですが、今週から仕事始めました。放課後校内での小学生のお世話です。

YUUJIさん、こんばんは。コメントをありがとうございます。

もう、マスターズから一週間が経とうとしているのに、今さら...なお返事ですみません。

>>実は、いま、衣装を作っている真っ最中です。

このコメントで、キンキラキンの新作衣装を楽しみにしていたのですが、一昨年とあまり変わらなかったような...。どこか細部を変更されたのでしょうか?教えてもらえると嬉しいです。

私も、来年はもう少し凝った衣装にしてみようかなと。

さっちゃんママさん、こんばんは。

励ましの言葉をありがとうございます。
おかげさまで、無事に行って来ました。色々と反省点はありますが、頑張って参りました。

新しいお仕事、今の時代にはなくてはならない、大切なお仕事ですよね。お子様を育てられた、さっちゃんママさんならではのお仕事とも感じます。私は、もう少し大きなお子様達(?)を相手にしていますが、人を育てる仕事って、やりがいがありますよね。

応援してます。どうか、お体に気をつけつつ頑張ってください。娘さんの成功も祈っております。

この記事へのコメントは終了しました。

« されど真央は偉大である... | トップページ | アフリカン・シンフォニー »

バナー

フォト
無料ブログはココログ