« プリンスアイスワールド豊橋公演(取り急ぎ) | トップページ | 八木沼純子さんの婚約 »

2009年5月26日 (火)

For the Next

おはようございます。

今年のマスターズチャレンジカップが終了して、もう1週間が経ちました。

この週末は職場の大学で、全国規模の研究会があったため、私もお手伝いに参加して休みなしで仕事をしていました(ボランティアですが)。そのため、マスターズ以降はまだ、氷に乗ることができていません。日々は、試合のために先送りしていた仕事に追われ、忙しくなっています。今からも、シャワーを浴びたら職場に向かいます。

でも、全ては次のチャンスのためです。

それが発表会なのか、試合なのかはわかりませんが、その時のために練習を続けようと思います。靴は磨かれ、ブレードには油がひかれ、リンクに降りるスタンバイはしてあります。

正直、限界は感じますし、仕事との兼ね合いを考えると今季以上に集中して練習することは、もうできないと思います。事情が許してくれません。なので、今年のマスターズを最高のパフォーマンスの機会として臨みました。「それでも、あの程度か...」というので、気持ちが落ち込んでいます。頸の調子も良くないですし...。

でも、なんか違うな...とも感じています。限界だから、これ以上練習できないから、だから辞めるというのは、大人のスポーツじゃない気がするのです。プロなら立派な引き際ですが、趣味でやっている大人の場合は、「ピークを越えても続けるのは嫌!」というのはすごくもったいない気がします。

おそらく、来年のパフォーマンスは期待できないだろうと、自分では感じています。もう、頑張れませんというか、別のことで頑張らねばならないのです。それでも、自分にしかできない何かが、フィギュアスケートでもあるようにも感じています。「とにかく、頑張れ!」と、もう一人の自分が言っております。リアルでも、ネットでも応援して下さる皆さんも、私が神演技をしてスタオベを受けるなんて期待していないと思います。むしろ、転んでもすぐに起き上がり、曲に遅れまいと演技を続ける、そういう姿を評価して下さるのだと思います。

音楽は、待ってくれないのです。

先生からも、練習中の私のそういう部分は、子供達も見習ってほしいと、言ってくださったことがありました。たとえ満足できなくても、たとえ格好悪くても、それでも頑張る、できる範囲でできる努力を続ける、そういう大人の姿を見て、子供は育つのだと思います。

だから、もうちょっと頑張り続けようと思います。トレーニングの密度は減っても、リンクに降りる時間が少なくなっても、できる時間で頑張る、できるだけ工夫して練習を楽しんでいきたいと思います。

全ては、次のチャンスのため...もう、来年への遠征は始まっています。

皆さんの声に、心から感謝しております。ありがとうございます。

« プリンスアイスワールド豊橋公演(取り急ぎ) | トップページ | 八木沼純子さんの婚約 »

思うこと」カテゴリの記事

コメント

とても共感できるお話です。私も、とうにピークなんか越えてるし、時々凹むこともあります。今は溜め込んじゃった仕事をこなす毎日。昨日、やっと少し滑ることができました。限られた時間の中でになりますが、リンクを独り占めにできる瞬間を大切にしたいです。

きんときさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。エントリーがアップされてすぐにコメントして下さったのに、お返事が遅くなってすみませんでした。

>>私も、とうにピークなんか越えてるし、時々凹むこともあります。

え~!! きんときさんがピーク過ぎたなんて言ったら、シャアが「認めたくないものだな...」て言い返しますよ、きっと(意味不明でしたらすみません)。

凹む思いは、共感します。フィギュアは、やはり難しいところがあります。でも、それが魅力かもしれませんが...。

>>限られた時間の中でになりますが、リンクを独り占めにできる瞬間を大切にしたいです。

今回のマスターズで一番良かったのは、思いっきり滑れたことです。もちろん、ガチガチに緊張しましたし、本当に頭の中が真っ白でした。でも、60×30メートルのだだっ広い世界を翔けることができる、この気持ちは何物にも替え難いと感じました。

本当に、2分30秒なんて一瞬ですが、それまでの経過を踏まえて楽しんでいきたいですね (^^)。

また、よろしくお願いします。

大丈夫。
意味不明ではありません(笑)。

よかった~です。
ガンダム、大好きです(主にファーストですが...)!!

この記事へのコメントは終了しました。

« プリンスアイスワールド豊橋公演(取り急ぎ) | トップページ | 八木沼純子さんの婚約 »

バナー

フォト
無料ブログはココログ