« アフリカンマインド | トップページ | この一週! »

2009年4月25日 (土)

ニフティの一文は、フィギュアに益なすものか?

親しい人から、3月の世界選手権の女子シングルでの採点やその後のネットの動きについて感想を求められていたが、書けずにいた。「何かエントリーせねば」との焦燥感やあったし、一生懸命、想を練っていたのだが、やはり諦めた。

採点については、不満うんぬんというよりも、自分の見識ではわからない部分が多いし、「ジャッジがそう採点するならそうじゃないの?」くらいの感想しか持てなかったのだ。何度も演技を見直し、確かにPCSも高めとの印象を抱いたが、その大会がそういう傾向なら、別にそれで良いと思う程度であった。なので、このブログでは、「何か書かないと」という気持ちはあったのだが、特に書けずにいた。

ネットの主張で、私が納得したのは、「同一大会なのに男女でPCSの採点傾向が違うのは、おかしいのではないか?」との意見であった。これは、このブログでもコメントを下さる、まりりんさんのブログで見かけた意見だが、本当にそう思う。過去の成績、例えばトリノオリンピックでのプルシェンコのPCSに捕らわれる必用は全然ないと思うのだが、同じ大会で女子と男子で傾向が違うとするならば、それは変だと私も感じる。

もっとも、そのご意見に同意するのも、本当に男女差が妥当性を逸脱するほど顕著であった場合であり、それについて私は確認していない。なので、”仮に....だとしたら”の範囲での感想でしかない。それと、仮にそういう”おかしさ”があったとしても、それは大会上の不備として指摘すべきであり、それ以外の憶測は無用とも思える。

また、事実関係を意図的に隠したり、歪曲した表現で、問題の所在だけ示唆されるのなら、やはり憶測は広がり、それによって困惑した者同士の意見が飛び交う事態になるのではないか。

記憶に新しいのは、ロス・ワールド前の韓国サイドからの、6分間練習での妨害に関する報道であり、それを受けて日本スケート連盟まで韓国側に調査の依頼がされ、結果として妨害の事実は認められないと公式に発表されたと記憶している。事実として認められなかった報道に、日本側が踊らされた顛末だと、私は受け止めている。

最近では、タレントの北野誠氏の処遇についてが印象的である。なぜ、突如、出演番組から降板したのか、ネットではひっきりなしに憶測が飛んでいた。本人サイドからの事実公表がないから「わかりません」では済まされず、「。。。ではないか?」という不明確な憶測が幅をきかせるようになるのだろう。

そして....ロスも終わり、国別対抗も成功を修めたにもかかわらず...この記事については、看過し難い感想を抱いている。

史上初めての国別対抗戦は、大成功だった。もちろん一番がんばったのは、世界選手権直後という強行スケジュールを押して、いい試合を見せてくれた選手たち。でも、この試合を盛り上げ、選手たちの士気を支えたのは、間違いなく日本の観客たちだろう。
 世界選手権終了後、一部ファンがお気に入りの選手を愛するあまりに暴走し、その言動にたくさんの人が傷つくことになった。選手たちを支えることを仕事とする人々が、業務に支障をきたすことになるなど、あってはならないことだ。国別対抗エキシビションへの参加を断念せざるを得ない海外選手が出てくるなど、あまりに悲しいことだ。いったいこの国のスケートファンは、どうなってしまったのか……そんな気持ちにもなった。

http://iceblue.cocolog-nifty.com/figure/2009/04/2009-0721.htmlより)

正直...この国のスケートファンを、これ以上、憶測による困惑に陥れないでほしいと、切に願う。この記事に対して、私は次の点に憂慮する。

1.事実関係を明示せず、何があったかもボカしていること

   問題の記述では、”一部ファンの暴走”とあり、その動機が”お気に入りの選手を愛するあまり”とある。そして、その結果についての表現が、あざとい! ライターが明記しているのは、”その言動にたくさんの人が傷つくことになった。”だけである。続く、

選手たちを支えることを仕事とする人々が、業務に支障をきたすことになるなど、あってはならないことだ。国別対抗エキシビションへの参加を断念せざるを得ない海外選手が出てくるなど、あまりに悲しいことだ。

は、”そういうことは、あってはならない”という個人の意見表明であり、そういう事実があったとの記述はされていない。だから、この文章は、「一部ファンの暴走で傷つくことが続けば、今後憂慮すべき事態になる可能性がある。それは、あってはならない。」という本旨と理解できる。でも、文章を一気に読んでしまえば、「一部ファンの暴走で選手支援体制の業務が滞り、海外選手の招待が断念されるという、あってはならないことが起こった(詳細は言えないのだが...)」との印象を抱いてしまう。

本当に、そういう憂慮すべき事態が存在したのか、それは、「わからない」。私の記憶では、公の発表ではそのようなことは出されていないと思う。いわゆる裏事情をライターが私情を交えて漏らしたのか、それとも、私の前者の理解のように、今後の事態を憂慮しての意見に過ぎないのか、全く、「わからない」。

でも、「わからない」ものを、そのままでは済まさないことは、ネットの常である。既に、被害者と犯人探しの憶測が出ている。被害者が居るともライターは書いていないのに、文章の流れだけで特定選手が推定され、その選手とライバル関係にある選手のファンが批判されるとしたら、たまったものではない。こういう、ネットに波紋を拡げる記事は、私は快く思わない。それに、自身のファンがいわれのない誹謗にさらされるとしたら、そのライバル選手にとっても迷惑ではないだろうか?

2.”一部のファンの暴走”を問題視しても、その暴走への抑止にはならないかもしれない

ライターは、パンドラの箱を開けてしまったと、私は思う。いわゆる、”○○ヲタ”と呼ばれる、一部の熱狂的なファンの存在は私も知っている。憂慮すべきは、その存在ではなく、その行動に実効性を自覚することなのだ。

私は、ネットでのファンの動向よりも、実際に試合会場で行われる事柄の方に危機感を覚える。それは、選手達のパフォーマンスに直接影響するかもしれない。ネットで、○○ヲタとのレッテルを貼られ、気持ちの落としどころがなくなった熱狂的ファンが、その思いをリアルな世界に向け始めたら...どんなことになるのだろうか?例えば、自分達のアピールを記したバナーを貼ったり、ブーイングの文化を持ち込んだり...。 

ニフティの記事は、熱狂的な行動を諌めるというよりも、「海外の選手の招待を断念」させるほどに実効性が増していることを認めたものと、理解される可能性がある。熱狂的ファンをフーリガンと呼び始めた時点から、彼らはフーリガンの振る舞いを自覚し始めると、私は考えている。

だから、注視はすれども黙殺することこそ、賢明ではなかったのか!

でも、ニフティは、いわばフィギュアフーリガンの存在を認めてしまった。微妙な言い回しではあるが、彼らが、フィギュアの大会運営にまで影響を及ぼせる力を持っていることを、書いてしまったのだ(私はそれを事実に基づいたものとは思わないが...)。

おそらく、来シーズンの五輪選考は荒れるだろう。ファンの間で、荒れ模様になるかもしれない。あと、セキュリティーの強化とファンのマナー向上の方策は練った方が良いかもしれない。もちろん、何事もないことを願っているが...。

たとえ嵐が来たとしても、どの蝶の羽ばたきでそれが起きたのか、特定はできない。世の中には、「わからない」ことは多いのだ。だからこそ...プロのライターなら、憶測を呼ぶような書き方は慎んだ方が良いのではないかと思う。もっとも、事実であると明記して書いたにもかかわらず、後で違うとわかった時のダメージの大きさについては、週間新潮のケースからも感じられるが...だったら...ニフティのあの文章は、フィギュアスケートの世界、フィギュアファンの世界、いずれにとっても、益をもたらすものなのだろうか? 書かなくても良い、蛇足ではないのか? と思ってしまう。

« アフリカンマインド | トップページ | この一週! »

思うこと」カテゴリの記事

コメント

ニフティーの文は見ていないのですが・・・

日本のスケートファンは
「国籍に関係なくすばらしい選手には賞賛を惜しまないフェアな応援」
というのが一つの自慢だったのに・・。
(国内のジャッジは困っていましたけどね(笑))

ちょっと残念ですね。

なんか、「無責任で無知なマスコミ」に煽られて、スケート界が変な方向に向かっているような気がしてなりません。

全く同意です

niftyのコラムはいつも楽しんで読んでいましたが、
今回のあの一節については非常に腹立たしく
思っています。

マスコミ(国内外含めて)が無責任に煽ることで
選手にどれだけの負担や心痛を与えているか、
もういい加減にしろと声を大にして言いたいですね

私はフィギュアが本当に大好きです

今はオフシーズンに入る祭りのあとのような
寂しさを国別対抗で見せてくれた選手達の
満面の笑顔を焼き付けて紛らわすはずが
またモヤモヤを胸にかかえて消化不良に
なった気分です

無理にお願いしてしまい、ごめんなさい。そして、今回のご意見ありがとうございます。私は、今は、あんまり深く考えずに、純粋に五輪シーズンを楽しみにしています。多分、今シーズンかぎりで引退される選手も数名おられると思うし、皆さんが悔いなく毎日を送ってほしいと願うばかりです。

>書かなくても良い、蛇足ではないのか? と思ってしまう。
このエントリー自体がそうだね。全くの蛇足。
それに最近のマスコミは…と十把一絡げに言うのもどうかな?
所詮そのマスコミぐらいからしか情報を得る手段が無い人がこんな所でグダグダ言っても説得力ゼロ。
自己満足でもしたいわけ?長文オツカレ。

YUUJIさん、おはようございます。
コメントをありがとうございました。

>>日本のスケートファンは
「国籍に関係なくすばらしい選手には賞賛を惜しまないフェアな応援」
というのが一つの自慢だったのに・・。

私がこのエントリーで紹介しているニフティの記事も、本筋はそういう日本のファンの素晴らしさを記しています。「なのに、一部の熱狂的ファンが...」という流れのようです。

>>なんか、「無責任で無知なマスコミ」に煽られて、スケート界が変な方向に向かっているような気がしてなりません。

申し訳ないのですが...私はマスコミ擁護派なんです...スミマセン。というか、元々いわゆるマスコミは、「無責任で無知」な部分が多いと思うので、フィギュアを取り扱う時にもそれほど勉強していないのかな...と、予期してますので...。

結果論かもしれませんが、国別対抗は成功したようです。なんとなく、サッカーのクラブW杯に匹敵する、新機軸を日本から発信できたのかな、とも感じます。マスコミの影響力は侮れませんが、フィギュアは運営側もファンも健全な部分を多く持っているのではないかと、私は希望を抱いています。

大丈夫ですよ!!。。。。多分....。

カレン0803さん、おはようございます。

コメントをありがとうございました。

>>もういい加減にしろと声を大にして言いたいですね

この気持ちは、感じております。YUUJIさんのお返事にも記しましたが、私は”マスコミなんてそんなもの”との諦念にも似た気持ちを抱いていますが、ニフティのフィギュア特集(フィギュアに特化したメディア)で、憶測を煽る記事を目にしたのには、愕然としました。

本当に、”いいかげんにして~(from 1/2の神話)”と。

>>今はオフシーズンに入る祭りのあとのような
寂しさを国別対抗で見せてくれた選手達の
満面の笑顔を焼き付けて紛らわすはずが

私も間違えてしまうことがよくありますが、問題の文章は、記事全体を損なってしまう、本当に蛇足であると思います。残念です。

でも、気を取り直して、シーズンを待ちましょう!!
どうせ待たないといけないのですから、ハッピーな心の方がトクではないでしょうか?

これからも、よろしくお願いします。
駄文の長文ばかりですが、またいらして下さい。

さっちゃんママさん、おはようございます。
コメントをありがとうございます。

こちらこそ、期待に応えることができなくて、本当に申し訳ありません。実は、さっちゃんママさんの他からもリクエストを頂いており、なんとか頑張らねば!と思っていたのですが..ヘタってしまいました。

期待されるときほど、余分な力が入って、ダメなんですよね>自分。本当に、ごめんなさい。

個人的に上梓した以前の文章が、私の一番の気持ちです。あれで、ごめんなさいにして下さい m(__)m。

でも、時には、ご期待に応えられることもあるかもしれませんので、どうか、これからもリクエストを頂けたらと願っています。よろしくお願いします。

>>私は、今は、あんまり深く考えずに、純粋に五輪シーズンを楽しみにしています。

「考えても仕方ないことは、考えない!」と、私も思います。誰が金メダルを獲るとか、そういうのは来年になればわかりますよね。

トリノ五輪にしても、荒川さんの偉大さは、金メダル以上にその後のプロ活動にあると思いますし、スルツカヤは今でも私の心に残っています。

素晴らしいシーズンを、楽しみにしています。

どうか、これからも、よろしくお願いします。

>stateさん

おそらく、私の以前のハンドルをご存知で、stateを名乗られたのかな...と推察します。ただ、私の前のハンドルは、英語にするならば..."stetho-"となります。

推察が外れておりましたら、ご一報下さい。

あと、”全くの蛇足”の、全くは、強調の意味でお使いでしょうか?それとも、”文章全体が”との意味でしょうか?後者ならば、蛇足の意を自ら否定しているように思えます。ご留意下さい。

>>それに最近のマスコミは…と十把一絡げに言うのもどうかな?

このご指摘には、感動と懐かしさを覚えました。
「あなたはオレですか?」と思います。もっとも、それで私は大失敗を犯したのですが...。それは自身の反省として記憶しておりますが、おっしゃることは、全くその通りだと思います。

なまじ説得力を持つと、世間へのインパクトなどを考え、過ちを犯してしまうのでは?と危惧しています。ですので、ここでは、細々と駄文を長々と記しています。ご指摘のとおり、自己満足と自己完結のブログです。

でも、こんなブログでも、日に何人かの方々は来て下さいます。それを励みにやっております。
もし、よかったら、鬱憤晴らしに来て下さい。ただ、あまりに厳しいコメントでは、削除も考えますので、ちょっとサビの効いた皮肉くらいで、勘弁して下さい。

懐かしい思い出を、ありがとうございました。
(でも、もうお腹一杯なので、前向きのでお願いします)

人の“揚げ足を取る”事に関しては、天下一品だね。
「その言葉、そのままお返しします。」という決まり切ったコメントは特にいらないから(笑)
では。

>stateさん

お返事をありがとう(?) ございました。

>>決まり切ったコメントは特にいらないから(笑)

先を読まれてしまうのは、ちょっと困るのですが...。
あなたとお酒を飲んでも、悪酔いしそうですね。

それでも、もし良かったら、建設的なご意見を、是非下さい。私だって、少しは成長しているのです。フィギュアスケートが大好きですし、みんなが楽しんでフィギュアに関われるために、どうしたらいいのだろう?と考えています。

「そのためには、お前の退場が一番」とか、そういう否定的な意見は困りますが、アイディアや感想がありましたら、どうかよろしくお願いします。

こんにちは^^カレンです

コメントを読ませていただきますと、いろんなご意見の方がおられるようですが 私はねくすとさんの言わんとされる事にとても共感しましたよ。

なのでコメントさせていただきました

こちらこそどうぞよろしくお願いします(^^♪

最近またもや韓国TVで真央選手を中傷云々の
動画を見ましたが、大した内容もなく騒ぐ程のことはないと思いつつ、こんな番組に出て笑ってる彼女が現世界女王なのかと思うと何とも言えない気分になりました。

でも・・ふと思ったのですが、スポーツ選手のファンになるってこんなにストレスの溜まるものだったでしょうか?

グッとこらえて我慢して冷静を保てるように
努力して・・・普通スポーツって好きな選手が勝てば
いい気分になり、負ければ落ち込むことはあっても
もっと単純なものだったと思うんですが・・

それでも来シーズンの演技構成を妄想したりして何とか楽しく待とうと努力中です(笑)


カレン0803さん、おはようございます。
コメントをありがとうございました。

物事の受け留め方や考え方は、人それぞれだと思います。色々な考えを言葉にしていただき、その中から共通点や違いを見出しながら、お互いを尊重し合える関係ができれば、最高だろうなと思ってます。

ですので、賛成意見はいただけると嬉しいですが、反対意見や違う視点からの感想なども、もし気が向きましたら、書き込んでもらえると嬉しいです。

話題の動画は、私も見ました。そのおかげで、放置してあったニコ動画のアカウントを再活用することになり、中森明菜の動画に感動するという、おまけもつきました。問題の動画の方は、私もよくわからなかったです。

>>でも・・ふと思ったのですが、スポーツ選手のファンになるってこんなにストレスの溜まるものだったでしょうか?

私も疑問に感じることがあります。
もちろん、どのスポーツでも、負け放しではストレスがたまりますし、「あ~、応援辞める!」となりますが、フィギュアの場合は、それほどシンプルではないようですね。

その一因は、フィギュアスケートを観るいうのは、”美を審議する”ことに通じるからかな...とも思います。野球や水泳でもフォームは問題になりますが、それを議論する人は、よほどの通だと思います。それとフォームがどうであれ、バッターならヒットを打てばよいわけですし、スイマーなら良いタイムを出せばよいわけです。ところが、フィギュアでは、同じトリプルジャンプでも、出来栄えによって優劣がつきます。ましてやただ滑るだけでも、その美しさが問われるのです。フィギュアでいう”採点”とは、”得点”や”タイム”とは違った次元での優劣指標ではないかなと、私は感じるのです。

特に、回転不足によるダウングレードや、エッジエラーによる減点など、観客にとっては判別しにくい事柄も入ってきました。ジャンプ以外のエレメンツやPCSでは、更に複雑です。ステップの種類など、理屈では一応私もわかりますが、演技中の判別なんて...無理です!! (もっとも、生観戦では、サルコウとフリップの見分けがつかないほどですが...)

結局、観戦で「スカッ」とする部分が少ないんじゃないでしょうか? 真央選手が3Aを決めても、「今のは認定されているのか?」とかそういうことを考えてしまう。サッカーで言う、”ゴーオオオオオオオル!!!とか、野球で言う、”入ったぁ~!!”というカタルシスがあまりなくて、認定とか採点のことがいつも頭によぎる、そこが辛いのかもしれません。

将棋の羽生名人が言われた、「頭を使うというのは、ストレスになる」というのは、フィギュアにも通じるのかもしれません。もちろん、プロトコルと録画とを照らし合わせて、色々検証するのも、ファンの楽しみです。でも、本来スポーツにあるべき、汗臭さとか、泥臭さを排除して、スタンダード(基準)に適った美や正確性を問うていくのは、やはり頭が疲れますし、ストレスを感じるのは仕方ないかな...と思うのです。

少し過激な表現かもしれませんが、競技会の流れが、段々ドッグショーに近くなっているように感じます。スタンダード(基準)にかなったなかで、輝きを放つものを優等とするという意味でですが...。たしかに、ドッグショーで賞をとる犬は、ブリーダーに愛されるでしょうし、富をもたらすかもしれません。でも、私のような庶民としては、多少馬鹿っぽくて、欠点があっても(うちの犬は、犬のくせに...ドライアイなので、目やにが多いです)、愛嬌のある元気な犬の方がいいかな、とも感じてしまいます。住む世界が違うんですよね。

だから、ドッグショーのように、審美眼を問われる世界を好む人たちならば、今のフィギュアの流れにはついていけるのかもしれません。そして、この流れを私は否定しません。スタンダード(基準)を尊重することは、犬の世界でも大切なようですし、フィギュアスケートでも、大切なことです。正しいエッジワーク、正しい姿勢、正しいトゥの突き方、これらをないがしろにしては、フィギュアスケートの発展はないと、私は感じています。

でも、それだけだと、やはり観て楽しむ、あるいは、私のように中年から滑り始めた素人には辛いものがあると思います。また犬の比喩で恐縮ですが、例えばアジリティーのように、基礎的な訓練(”服従”は必須の課題です)ができていれば、どんな犬でも楽しめるような、そういう世界がフィギュアスケートには必要だと思います。

もともとは、コンパルソリに対するフリースケーティングがそれであったはずなのですが、現在は、フリースケーティングの中にコンパルソリ的な観点が取り込まれつつあるのかな?とも感じます。それで、以前のコンパルソリにあった厳格さやわかりにくさを、観客は、今の競技会からも感じるようになったのかもしれません。このあたりは、根拠に乏しい想像にすぎませんが...。

そうなると、本来求められるのは、審議するジャッジへの信頼(観客は、観てもわからないから...)なのですが、幸か不幸かネット社会へと変貌していますので、ジャッジングに対する検証が容易になってしまいました。それで、ファンもジャッジというか、ジャッジングをジャッジする立場に回り、余計に頭や神経を使わなくてはいけない...のかな?と思うのです。

まとめますと、技術の正確性を厳密に求めていく現在の方向は、私はフィギュアスケートの伝統や競技者の健康を守るためにも、大切なことだと思います。ただ、それによってフィギュアスケートがわかりにくくなった、とっつきにくくなったとも感じます。

そしてネット社会の現在は、ファンもジャッジを検証したり、海外選手やファン達の動向を敏感に察知できます。その矛先は、ジャッジングの妥当性やライバル選手の動向へと向いてしまいます。で、ファン同士の情報戦が海を越えて広がってしまう...。結局のところ、「知らなければ(あるいは、考えなければ)気楽でいられるのに、知ってしまう(あるいは、考えてしまう)がために抱えるストレス」が多くなっているのではないでしょうか?

で、そのストレスに報いるだけのカタルシス(力と力とのぶつかり合いの結果としての勝ち負け)がないので、試合後も悶々としてしまう...そんな感じなのかなと思います。

フィギュアスケートほど、ネット社会に向かないスポーツはないのかもしれません(暴論ですが...)。

私は、「馬鹿になれ!」「スケート馬鹿になれ!!」と自分に言い聞かせています。学生達からも、馬鹿にされているかもしれません...(弩汗)。でも、何も考えずに白い世界で身体を動かしていると、本当に気持ち良いです。一応は、エッジの向きとかフォームとかにも神経を使いますし、怪我をしたくないので身体作りも頑張りますが、ある段階以上は「中年の趣味だから...」と逃げてしまいます(スミマセン)。

観る方も、リンクだけに集中しています。認定とか減点とかは、一応自分の眼でも観ますが、それだけです。演技中の踏み切りで、右トゥをついた(フリップ)かつかないか(サルコウ)も見分けられないレベルなので、「今の演技は良かったね」とか、「ちょっと気持ちを感じない演技で、私は好きじゃない」といった感想くらいです。それで、ジャッジの採点にも一応は注目しますが、それはリンク外(=演技後)の出来事ですので、あまり深くは考えないようにしています。もちろん、応援している選手が高評価をもらえるなら、すごく嬉しいですが、専門家の意見と私のような素人の好みが違うのは、当たり前ですので...。あ、もちろん、ジャッジがどこを評価し、どんな基準で優劣をつけているかは、少しは勉強します。でも...ちょっとだけです。

どこまでがリンク上で、どこからがオフリンクなのか、判別は微妙なのですが、私は音楽が鳴って演技が始まり、演技が終わってレヴェランス(挨拶)をしてリンクサイドに行くまでが勝負だと思ってます。キス&クライでの採点は、物語で言えば第二部、演技の感動とは別物と思ってます。順位に至っては、「おめでとう」と選手に言うための方便でしかないです。

ですので、トリノで金メダルを獲った荒川さんには、心から「おめでとう」と言いたいですが、だからといって、荒川さんがスルツカヤより優れているかとか、コーエンに勝ったのかといえば、私にはわからないです。トリノのスルツカヤは、私にとっては人生の教科書になっていますし、永遠の存在です。コーエンのダークアイズは、それだけで語り継がれる価値のある演技だったと思いますし。あと、マイヤーのボレロ(ヴァネッサ・メイの演奏の曲)はフィギュアスケートの可能性を感じさせる演技でした。

だから、バンクーバーで誰が金メダルを獲るか?真央選手はそれを目標にしていますので、是非、真央選手に獲ってほしいです。獲れなかったら、多分...私も泣くと思います。でも、真央選手が勝っても、それでヨナ選手が負けたとは思いませんし、金が銀より優れているかは、ジャッジやマスコミに判断をお任せし、自分は自分で、氷上の戦いに集中したいなと思ってます。

そうすれば、あまりストレスは感じないかと...。
いつも思うのは、たった一人の勝利者よりも、無数の良き敗者"good loser”に、その競技の魅力を感じるということです。

なんだか、ながながとすみませんでした。
少しでも、カレン0803さんのストレス解消に役立つと良いのですが...(汗)。

この記事へのコメントは終了しました。

« アフリカンマインド | トップページ | この一週! »

バナー

フォト
無料ブログはココログ