« 年始のフィギュアスケートの番組 | トップページ | テレ朝チャンネルのグランプリシリーズ集中放送の感想 »

2009年1月 1日 (木)

新春の富士を撮りに行く

新年おめでとうございます。

元日の朝の晴天を見て、タイトルのことを考えました。

走行中の車窓から富士山を撮るというのは、昨年ATC2Kという小さなビデオカメラの撮影キャンペーンの時に試したかったことなのですが、モニター機能のないこのカメラでは難しくて断念しました。なので、普段から使用しているSANYOのXactiというビデオカメラを使って、行って来ました。

一番の狙いは、薩埵(さった)トンネルを出たところの景色を撮影することです。

私が東名高速道路を走る中で、一番好きな光景です。東京方面に向かってこのトンネルを出ると、右手に由比の海岸(駿河湾)、左手に富士山が見えます。この上の薩埵峠からの眺めは、広重の浮世絵でも有名になっています(峠からの眺めはこちらの写真を)。

由比に向かう途中での富士山を写しました。

Abegawa 静岡市の手前の安倍川架橋からなのですが、山頂に雲が出始めています。ちょっと焦りました。

とにかく、一人で運転しながら左手にカメラをもっての撮影なので、ちょっと大変でした。交通事故を起こしたら、もともこもないですし。カメラテストを兼ねて、おまけの撮影です。

富士山はピントがあっていませんが、カーブに従って山が右から左へ動いていき、フェンスに沈んでいくのが面白いかと思います。BGMはカーステレオの音をカメラが拾っています。以前のエントリーで紹介した”forza”というCDに収録されている曲です。あまり意識せずにかけていたのですが、太平洋側の富士山はジプシーキングスのようなラテンな音楽が似合う気がします。山梨側だともっと重厚なイメージですが...。

目的の薩埵トンネルからは、同じCDに入っている、T-SQUAREの演奏する、”TRUTH21c”に曲を変えてみました。ちょうどトンネルから出る時にタイミングが合ったかなと思います。目的の景色は一瞬なので、あとはF1グランプリのテーマ曲にもかかわらず、他の車に追い越されまくっている私のヘタレぶりを楽しんで下さい。それでも、時速80キロだったのですが...。

帰りは駿河湾がとてもきれいでしたが、準備不足のためにビデオには収められなかったです。また、これからの宿題にします。

みなさんも、良いお正月をお過ごし下さい。

« 年始のフィギュアスケートの番組 | トップページ | テレ朝チャンネルのグランプリシリーズ集中放送の感想 »

その他」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
なかなか書き込み出来なくて済みません。

以前とは比べものにならない頻度で更新されていますね!
すばらしいです。
読むのがついて行けなくて済みません
平にご容赦を<(_ _)>

富士山綺麗でしたねぇ。
BGMもなんかよくあっているような気がします。

ただ、高速は知っているときに、F1のテーマは危険ですねぇ、スピード出してしまいそうで・・・

映像を見る限り、その心配は無さそうでしたが(笑)

yuujiさん、新年おめでとうございます。
コメントをありがとうございました。

>>以前とは比べものにならない頻度で更新されていますね!

ちょっと心境に変化があり、滑るのと同じくらい観るのにも一生懸命になろうと思ってます。でも、仕事始めになってしまえば、更新の頻度は落とさざるを得ないかなとも考えています。

>>読むのがついて行けなくて済みません

全然気にしないで下さい。
更新頻度が上がった場合には、なるべく字数を少なくするように意識します。でも、読みたいものを、読める時に読んでもらえれば嬉しいです。気になるエントリーがありましたら、前のものでも結構ですので、もしよかったらコメントを下さい。もちろん、読んで下さるだけでも嬉しいです。

訪問者数は一日30名くらいの、本当に細々とやっているブログですが、毎日誰かが来てくれることが一番の支えです。楽しいコミュニケーションができたら最高です。

>>映像を見る限り、その心配は無さそうでしたが(笑)

もう、抜かれまくりです(爆)。
後続車の迷惑にならないように、ある程度のスピードは出していましたが、撮影しながらの運転は、やはり危ないですね。オンボードカメラだと、景色の位置の変化に対応できませんし、やはり運転手兼カメラマンは限界がありそうです。

本年も、よろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 年始のフィギュアスケートの番組 | トップページ | テレ朝チャンネルのグランプリシリーズ集中放送の感想 »

バナー

フォト
無料ブログはココログ