« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月18日 (土)

今日から...

今年の1月から、地元のリンクの母体であるスポーツジムに入会している。会員はフリーパスでリンクを利用できるのが大きなメリットだった。もちろん、プールやスタジオ、トレーニングマシンなども利用できるので、4月にリンクがシーズンオフとなった後も通っていた。

春~夏~秋と、今年は充実した陸トレができた。肩回り、腹・背筋、股関節周囲、膝関節周囲、そしてふくらはぎと足底部と、まんべんなく強化できた。また、ジャンプやスピンの回転動作中のことを想定し、握力の強化も取り入れた。浅田真央選手が一昨年の全日本前に小指を骨折した時のお母様の心配をインタビューで読み、それで回転動作における握力の重要性に気づいたのだが...果たして成果はあるか?

陸上だけでなく、プールでランジ動作やジャンプなど水圧を負荷としたトレーニングができたのも大きいと思う。これは、「はじめの一歩」というボクシングのマンガで、ガゼルパンチというフィニッシュブローを身につけるためのトレーニングからインスパイア(笑)されたものだ。かもしかのようなしなやかな筋肉が身につくといいな...と。ただ、水中でのウォーキング動作が他の方々とあまりに違うので、迷惑にならないように気を遣ったのだが...大丈夫だったのだろうか?特にスタッフからは注意はなかったが...。

そんなこんなで、平日はできる限りジムに通い(ヒップホップも始めたし)、地元でのリンク営業開始を待っていた。

そして10月に入り、トレーニングの帰りにリンクを見ると灯りが灯っていることがあった。あるいは、”ゴー”と水道のような音が響いていることもあった。きっと氷を張っているんだろうなと、ワクワクしながら通り過ぎていった。あと少し、もうじき氷に乗れるようになると、それこそ指折り数えながら陸トレや水中トレを続けていた。

幸い、地元から名古屋に通える距離なので、週末には通年リンクに降りることができた。それで、シーズンオフもあまり勘を失わずに済んだと思う。でも、やはり地元のリンクでないとクラブの貸切練習もままならないし、平日の仕事帰りに滑れた方がレベルアップにはなると思う。だから、リンクの営業が始まるのが待ち遠しかった。

そして、今日!

やっとリンクに降りられる!!!

今日の貸切では、地元のクラブ合同のレッスンがある。アイスダンスの先生が来て下さるので、おそらくスケーティングやステップをみっちり教えてくださるのだろう。級別なのだが、大人のレッスン枠もあって結構参加者がいるとの話だ。地元での初日から外部の先生をお招きしてのレッスンというのもヘヴィーな話だが、みんな(含む、私...)オフシーズンも氷を求めて遠征していた猛者ばかりなので、多分問題ないのだろう。

地元に通年リンクがあったらいいなとは、いつも思う。でも、営業開始を待つワクワクした思い、そして真新しい氷に乗る時の改まった気持ち、そういうのは、季節営業のリンクだからこそかもしれない。いつまでも、この気持ちが持てるように、リンjクの存続を祈るばかりである。

2008年10月17日 (金)

靴を新調しました

いまだに中部選手権3日目ができていないのですが、ちょっとホットな話題なので先にエントリーさせてください。すみません。

10月11日(土)に東神奈川のアイススペースに行き、新しい靴の相談をしました。店員さんと相談し、靴はリスポートのRF2 ブレードはミッチェル&キングのファントムとなりました。靴は、今まで履いていたオオタスケートのカスタムと同クラスで在庫のあるもの、ブレードは、やはり今までのコロネーションエースと違和感のないものということが決めた要因です。

ブレードも在庫があったので、その日のうちに調整をしていただき、相談から引渡しまで2時間ほどで終えることができました。男性用の靴とブレードなので在庫の用意がなくて数ヶ月待つことを覚悟して来店しました。ですので、スムーズな展開にびっくりしました。今までの靴でも1ヶ月待って手にしていたのに、さすがアイススペースです。

もともと、11月には靴を新調する予定でした。それを半月早めたのにはきっかけがありました。先週の練習中にシングルサルコウの着氷に失敗して打撲を負ったのです。

Cimg0474

その日の右肘の写真です。みにくいかもしれませんが、大きく膨らんでしまいました。念のため、練習を切り上げて、いつもお世話になっている整形外科医院でレントゲンを撮ってもらいましたが、異常はないとのことでした。リンクでも腕や手の動きには問題なかったのですが、骨にひびが入っていることも心配したので、ひと安心でした。

正直、この程度の打撲は、フィギュアをしていればそう珍しいことではありません。原因も、着氷の時に右バックアウトのエッジが氷に捕まってしまい、足首をひどくひねりそうになったのを嫌っての転倒だったので、むしろ捻挫させずに上手に転んだと自分では思っています。ただ、傷を見て思い出したことがありました。

今までの靴は2年前から使っていましたが、その前はレジャー用のセット靴で練習していました。貸し靴よりかは使い心地が良かったですが、トゥピックがほとんどないため、ジャンプの踏み切りができずに四苦八苦していました。それでも、なんとか跳ぼうと練習をしている時に、スカッとエッジが氷から抜けてひどく転んだことがあったのです。とっさに右手を氷についてしまい、親指の付け根を打撲してしまいました。みるみる膨れてきて、はっきりと皮下出血であることがわかりました。その時も指の動きそのものは問題なかったので、練習を切り上げるだけで医者にはいかず、次の日も何気なく仕事をして、それで回復していきました。大事にはならなかったのですが、その経験で、用途に合わない道具で無理をするのは怪我のもとであることを悟りました。それで、オオタスケートに行き、今まで使っていた靴とブレード(カスタム+コロネーションエース)を購入したのです。

今回の打撲も、同様の状況だと考えました。転倒そのものはブレードのせいではありませんが、自分の力がうまく氷面に伝わっていない、パワーロスが大きいことは常々感じていました。コロネーションエースでは、もう力を受け留めきれないようなのです。日々の筋トレや水中トレーニングなどで、力が増していることは実感しています。なので、ブレードが小さすぎると思うのです。

一般にコロネーションエースはシングルアクセルまで対応できると言われているようです。オオタスケートの店員さんからもそう教えてもらいました。バッジテストの級で言えば3級です。私は、まだシングルのアクセルは降りられないので、そういう意味ではコロネーションエースでもやるべきことは残っていると思います。ただ、一般論は主に子供を想定してのことだと思いますし、大人、しかも体重の重い私にも適応するのかは、疑問を持っています。ウェートを乗せてしっかりと踏み切り、降りる必要があるのなら、やはりブレードは人並み以上にしっかりしたものが求められると考えるのです。一般論で言えば、原付バイクでも通勤に使えますが、体格の大きな男が原付というのは(できないことはないけれども)少しきつい、なのでもう少し大型のバイクにしますという感じかなと思います。

それで、右肘に打撲を負った時に、そろそろ替え時かなと、靴とブレードをワンランク上のものにしようと決断しました。パワーロスを感じながら今の道具を使って無理を続ければ、次はもっと大きな怪我になる心配を感じたのでした。先ほども記した通り、もともと11月にはお金の工面のあてがあったので、そこで注文、納品までに3ヶ月かかると予測して来年2月くらいから靴慣らしという予定でした。お金の工面はなんとかなったので、当初の予定よりも半月早めの買い物でしたが、即日お持ち帰りができたのは本当に大きいと思います。これから本格的なシーズンになりますので、新しい靴で始められるのは気分的にも嬉しいです。

アイススペースで靴とブレードを選ぶ時に、二つのこだわりを話しました。

一つは、靴のサイズです。私は普通(スケートではない)靴は25.5cmのものを履いています。実測でもそのサイズでした。なので、スケート靴ではもう一回り大きい26.0cmが本来推奨されるスケート靴のサイズだそうです。ところが、私は偏平足のために足の指の付け根付近(いわゆるボールの部分)が横に広く、27.0cmでないと靴の内側が足と接触して滑走中痛くなって仕方ないだろうとも、店員さんから説明されました。実は、同じ理由で、過去に2度購入したスケート靴(セット靴、オオタスケートのカスタム)はいずれも27.0cmのサイズでした。そのおかげで、コブ出しという靴の内側を広げる処置をしなくても、靴の内側と足とが擦れ合うトラブルもなく滑ることができていました。このことは練習するうえではメリットが多かったと思います。

ところが、デメリットも感じていました。普段履いている靴よりも1.5cmも大きいサイズなので、爪先が余ってしまうのです。ミッキーマウスの足のようなもので、サイズに合わない状態なので、特にスピンの時に重心の位置が取りづらく、どうしてもトゥに重心がかかってガリガリ氷を削りながら回っていました。私がスピンができない理由のほとんどはこのためと考えています。

道具の悪さを理由にしても技術は向上しないので、それを補うべく努力や工夫はしてきましたが、結局先生とのレッスンの中で、一番回りやすいブレード位置がトゥになっていることは否めないとの結論になりました。それで靴を替える話を先生に出したのですが...。

そういう経過を店員さんに話し、今回は、爪先が余らない小さめのサイズを選びたいと申し出ました。それでも、足の横幅の関係もありますので、26.5cmにし、靴の内側の足と当たる部分はコブ出しをしていただきました。

Cimg0502 写真の指先の部分がコブ出ししてもらったところです。このような処置はよくあることだそうですし、私の知っている人からもやってもらったと聞いたことがあります。アイススペースでは、実際に履いて当たると感じる部分に鉛筆で印をつけ、片足4箇所くらいコブ出しをしてもらいました。そのうち外踝は、私は当たっていないと感じたのですが、そこが当たる場合が多いからと店員さんに勧められたのでお願いしました。本当に、丁寧かつ専門的な対応でした。ちなみに、坂田先生はいらっしゃらなかったです。でも、心強いスタッフの方々でした。

靴のサイズを小さくしたのは冒険でした。賭けと言っても良いです。有名な選手でも、靴が合わずに苦労するとの報道もされていますし、私達レベルでもありがちなことだと思います。でも、27.0cmでなくても大丈夫との根拠もありました。

Cimg0493  私の普段の右足です。足のサイズは、このような状態で測りますし、靴の形を選ぶのもそうです。

Cimg0494

おそらく、実際に滑る時はこのような状態だと思います。足の裏の筋肉を使って足の甲をおわんを伏せたように盛り上げています。私の足とマンガ本(江戸前の旬)との間に隙間ができて畳の縁が見えています。定規がないので測っていませんが、0.5cmはあると思います。普段は偏平足でも、踊る時には違う人は多くいるそうです。私も、バレエを習っていた時からそういう意識を教わっていました。ベタ足では踊れませんし、おそらく滑れないとも考えています。フィギュアでは、先生からほめられることはあまりないのですが、この1年間でエッジワークが良くなったと先日言われました。おそらく、足の裏をトレーニングしていることの積み重ねもあると思います。

Cimg0495  ただ、足の裏の筋肉を使うと言っても、左の写真のようにギュっと足の指を縮ませてはいけないです。これは、ハンマートゥと言って、むしろ足の裏に力が入らなくなりますし、自分の思い通りに足を使うのにもデメリットが大きいと思います。それと、足の指をギュっと縮めただけでは足の甲の横幅は変わりがありません。

靴を試しに履いてみる時にも店員さんから確認がありましたが、靴の中でも指先が十分に広げられる、そのことはとても大切です。そのうえで、足の甲の中心に向けて意識を高める、足の指はきちんと伸ばすけれども足の裏の筋肉はしっかり使う、これがエッジワークの秘訣ではないでしょうか?そうすると、普段は扁平な足も滑走中は足の裏に、縦方向と横方向に十字のアーチができて横幅が狭くなる、だから27.0でなくて26.5cmでも部分的にコブ出ししてもらえば大丈夫だと考えたのです。

Cimg0499 まだまだ...の足ですが、縦方向にもシワが入っているのがわかっていただけると思います。バレエダンサーの足は、本当に鍛えられた凄い足と足首だそうです。一般にバレエと言うと「表現力」と連想されますが、その表現力の源が足の使い方にあることはあまり知られていないようです。でも、本当に大切なことです。

残念ながら、私はバレエレッスンを数年前に中断してしまったのですが(今はヒップホップを週一で習ってます。スポーツジムのエクササイズなので、簡単なものですが)、バレエスタジオで習ったエクササイズは今も続けています。

Cimg0500 これはポピュラーな方法ですが、ラバーバンドを使って足首を伸ばします。この時に、親指側だけでなく、むしろ小指側を意識して鍛えることを先生から教わりました。ルッツなどでアウトエッジを使うためにも、小指側の足の裏を鍛えることは大切だと思います。ただ、「鍛える」と言っても、筋肉を思い通りに使えるためのトレーニングですので、負荷はそれほど大きくない方が良いと思います。実際に試しながらどの種類(負荷はラバーバンドの色でわかるようです)にするかを自分で選ぶのが良いと思います。ラバーバンドの商品名は、”セラバンド”というものを私は使っています。薄手で扱いやすいです。amazonでも購入できます。ネットで”ラバーバンド”で検索すると髪をまとめるアクセサリーが出てきますので、”トレーニングラバー”とか、実際の商品名で検索した方がわかりやすいかもしれません。

話が逸れましたが、サイズを測る時と実際に滑る時の足のサイズは異なるはずとの考えがありましたので、今回は靴のサイズを0.5cm小さくして、爪先が余らないようにしました。

2つめのこだわりは、ブレードのとりつけ位置です。スタンドスピンは左バックインエッジに乗って回りますが、このエッジの使い方が下手な理由には、ブレードのとりつけ位置が悪いからという考えが私にありました。でも、誤解されると困るのですが、今までの靴が悪かったわけではありません。悪いのは私の脚の方だと思っていました。今までの靴のブレードは、きちんと靴の真ん中につけられていることは店員さんも認めておられました。でも、私の脚がXO脚なので、適正な位置だとブレードが内側に倒れやすいのではないかと、ずっと考えておりました。Leg

私の脚での説明で申し訳ないのですが、普段の立ち方が左の写真です。膝からふくらはぎが開いています。写真の赤の線を膝から下の脚の中心線だとすると、青の重心から垂直に降りる線とは離れていることがわかると思います。力は脚を伝わって氷へと行きますので、このような関係だとブレードはイン側に倒れこみやすいのではないかと考えるのです。

 Leg1

いわゆる、体を引き上げる感じで、膝とふくらはぎをくっつけるように頑張ります。この時ものを言うのが腹筋、特にインナーマッスルのようです。脚をまっすぐにするためには、骨盤が起きなければならず、骨盤の位置を正すのは骨盤周囲にあるインナーマッスル(内腹斜筋や腰方形筋など)を緊張させる必要があります。この写真では、まだ重心から垂直に降りた線(青線)と膝から下の脚の中心線とはズレがありますが、その程度は上の写真よりも少ないことを認めていただけるとありがたいです。

たぶん、青と赤の線がピタリと一致することはないと思います。片足バランスをとる場合には、様々な筋肉を使って安定を図りますので、形態的な条件が完璧でなくても機能的な努力で十分課題は果たせるはずです。でも、XO脚ではスピンはしにくいのはあるかなと常々感じておりました。

下の写真のように、床の上ではある程度脚をまっすぐにして立てるようにもなりましたが(ここ2年間の努力の成果です)、氷の上では足の踏ん張りがきかないので床のようにはならないのも事実です。なので、脚の曲がりが氷、特にスピンなど氷と接する連続回転運動ではシビアに影響するのではと考えておりました。そのハンディキャップを少しでも補うために、ブレードの位置を片足バランスがとりやすいところにしてほしいというのが、店員さんにお願いした、第二のこだわりだったのです。

結論から申しますと、結局靴の真ん中で大丈夫なようでした。

私の申し出を店員さんも理解してくださいましたが、実際にブレードを取り付けて、店内で片足バランスをとってみたら、デフォルトの位置で左右ともに十分に乗れました。「それなら、この位置にしましょう」ということで、話は終わってしまいましたし、これ以上食い下がる理由もないかなと私も思いました。

アイススペースを出て、すぐ近くの神奈川スケートリンクで試しに滑ってみたのですが、フォアはもちろん、バックのバランスも非常にとりやすかったです。片足滑走の時の安定感は、今までの靴とは段違いです。そして、買ったばかりで靴慣らしもしていない状態なのに、スピンの軸がきちんととれ、非常に回りやすかったのが驚きです。そのために買い替えをしたわけですが...。なので、靴のサイズは26.5cmにしたのは良かったですが、ブレードのとりつけ位置は、別に今までの靴でも問題なかったようです。

なぜ、いままでの靴でスピンが回れなくなった(=RF2+ファントムでは回れるようになった)かは、はっきりしたことはわかりませんが、もしかしたら、上の写真のようにX0脚が矯正されない間にブレードを内側に倒して回る癖が靴についてしまっていたのかもしれません。スピンでは、常にブレードをまっすぐにして(インエッジを使うにしても)回転するということを身につけないといけないと、ほろ苦い思いで理解しました。その意味では、今までの靴に申し訳なかった...とも感じています。

先ほども記したとおり、氷の上では足の踏ん張りがきかないため、インナーマッスルをつかって脚をピンとまっすぐにするのは大変です。でも、全然できないこともないと思います。この意識を持たないと、知らずしらずのうちに、またブレードを内側に倒しこんでスピンを自分でしにくくしてしまうかもしれないなと反省しました。道具はやはり良いものがいいですが、それを良く使えるか駄目にしてしまうかは、やはり自分自身のスキルに負うのだと感じております。

実際に、跳び、回ってみての感想は、エントリーを改めて報告できたらと思います。一言でいえば..."ファンタスティック!!"に尽きます。本当に良い買い物をしました。こんなにスケートって面白く、スピンって楽しいものなんだと、堪能しております。

あと、蛇足ですが...”ファントム”という名前のブレードを手にできたことを誇らしく思っております。もちろん、お金を出せば誰でも買えますし、スケーターのスキルが要求されると言われる”ゴールドシール”ほど難しいブレードでもないと思います。ただ、ファントムというと、私としてはF-4戦闘機の愛称が最初に来ます。”オペラ座の怪人”はその次かな...と。ベトナム戦争で使われた機体なので、単純な憧れではないのですが、長らく、今も日本の国土を守っている機体でもあります。航空自衛隊の基地の近くに住んでいますので、やはり飛行機には親しみを感じています。ですので、自衛隊機と同じ愛称のブレードには、なんとなく愛着を感じます。

コロネーションエースが練習機だとしたら、やっと戦闘機に乗れるようになったのかもと、自分では考えています。実際、試合はライバルとの戦いであり、日々は自分との戦いでもあります。なので、ファントムの名を重荷と感じないくらいに自分のスキルを高めていけたらと思う次第です。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

バナー

フォト
無料ブログはココログ