« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月27日 (日)

THE ICE ’08年7月26日(土) 夜公演前半

昨年に引き続き、愛・地球博記念公園内アイススケート場で開催された、”真夏の氷上祭典2008 THE ICE”に行ってきた。

こんなにも贅沢なアイスショーは観たことがない、というのが一番の感想だ。

STARS ON ICEとFriends on ice 以外は、日本で行われるアイスショーは大抵観に行っている。もちろん、全公演ではなく、ツァーの中一つか二つを観るという意味でだが。でも、今年の”THE ICE”ほどに豪華なアイスショーは観たことがなかった。世界でも滅多にないのではないだろうか...。主催は中京テレビとIMG。IMGの力もあったのかもしれないが、地元愛知県出身の選手を中心とした、愛知県民を主な対象とするローカルなショーに海外のゲストが華を添えるという雰囲気を予想していた。

日本人選手たちの顔ぶれをみれば、昨年よりも今年の方が愛知ローカルの路線を徹底していたことは明らかだと思う。昨年は、高橋大輔選手や武田奈也選手など、県外の選手達も招いていた。でも、今年は愛知県出身者オンリー。しかも、紹介の時には...

「豊橋市出身、鈴木明子選手」とか、「江南市出身、中野友加里選手」とか、安藤選手に至っては、「名東区出身...」...だし。いかにも、わが街、わが市の代表という感じであった。県民体育祭か?と本気で思った。 確か、小塚選手、曽根選手も名古屋市ではなく、出身の区で紹介されていたと思う。浅田姉妹は、聞き逃してしまった。

なので、最初は気楽に観始めたのだが、途中で否が応でも気づいた。もしも、ジュベールが予定通り出演したのなら、とんでもないことになったのではないかと。その意味では、「愛知ローカルの雰囲気をまとったチャンピオンズ・オン・アイス」という印象であった。

客席には、楽曲リストを予め置いてくれてあり、全出演者が載っていたので、それをもとにレポートをしたい。

紹介は、出演順です。

1.浅田舞 シェルブールの雨傘

傘を開いて登場。有名なメロディーの前に、結構長いイントロがある。

3Tをきれいに降り、2Aも安定している。ジャンプはこの二つ。ステップは難易度がそれほど高くないが、氷を削っているのが気になった。スパイラルのポジションは変わらず美しい。雰囲気もあり、よくまとまった演技。背中と腿の筋肉が落ちているように見えた。逆にふくらはぎは肥大しており、下腿に負担がかかっているのではないか?右腓骨骨折の既往があると思うので、少し心配。でも、氷上の演技を楽しんでいるように見え、清清しい雰囲気だった。

2.吉野晃平 情熱大陸

衣装はエスパーダ(闘牛士)風。タイトルの通り、TBS系の週末夜の番組のテーマ曲。緊張していたのか、あまり滑っていない様子。でも、上半身の動きや脚の振り上げなどは思いっきりが良かったと思う。ジャンプも元気一杯で、3Lが2フットながらも降りたと思う。この時に失速してもすぐに滑り出して演技を続けたのは良い印象を与えてくれたと思う。

3.中村愛音 レクイエム

昨シーズンは怪我で欠場が多かったと思うのだが、今年4月の名古屋フィギュアスケートフェスティバルで久しぶりに観て、体型がふっくらしたのにびっくりした。その時もジャンプの調子が悪かったが、今回もフリップが抜けてシングル、サルコウ(?)がダブルになっていた。でも、ドラマチックな難しい曲をよく表現していたと思う。タイトでシュアなジャンプは失ったかもしれないが、得たものも大きいのではないだろうか?ステップにも安定感があったし、スピンもポジションがきれいだった。ジャンプは、踏み切りで失敗していたので、体重が増えて落ちてしまうというのとは違うと思う。子供の頃の感覚から、大人の体型になった今以降を、発想を変えて踏み切りを見直せば、また跳べるようになると思うのだが...。

私見なのだが、子供の頃からフィギュアを習っている人たちは、トゥジャンプでしっかりトゥを突かないことが多いようにも思う。体重が軽い子供の頃はそれでも跳べてしまうが、大人の体になったらしっかりとトゥを突き、まっすぐ後ろに跳ぶことは必要になってくると感じている。

4.曽根美樹選手 101匹わんちゃん

2007年の名古屋フィギュアスケートフェスティバルと同じ演目。2007-8年は”大奥”だったので、その前のエキシビションを復活させたのではないか。登場前の紹介VTRでは、”ゲゲゲの鬼太郎”のエキシナンバーの映像も出ていた。ちょっと夢に出そうな鬼太郎ぶりだったが...。

”101匹わんちゃん”をWikipediaで調べて知ったのだが、クルエラという、ダルメシアンで毛皮のコートを作ろうとする悪役の女性を演じていたらしい。犬の毛皮ってモサモサして着にくいように思うのだが、ディズニーの発想はわからない。

途中からヒモで引っ張る車輪付の犬のおもちゃを氷上に転がして演技をしていた。2007年の名古屋フェスでは途中で、このおもちゃがひっくり返り、横転したままでデススパイラルを犬(おもちゃ)にさせていたが、今回はきれいにサークルを描かせていた(曽根選手は円の中心でピポット動作をする)。演技後のレヴェランスの時にも、東→西→南とそれぞれに挨拶する度に、横に置いた犬の向きを替えて頭をなでており、会場の笑いを得ていた。ジャンプはアクセルがシングルだった。

5.鈴木明子選手 リベルタンゴ

今年のDOIと同じ演目。彼女の今年のプログラムは発表されていないと思うのだが、この曲はSPになるのだろうか?それとも、エキシビション用なのだろうか?構成はSP用ではないのだが、とても雰囲気があって強い印象を観る者に与えるので、試合で使ったら効果的ではないかと感じてしまう。特に最後のストレートラインは圧巻。たぶん、曲のテンポも少しずつ早くなっているのだと思うが、息づまるような高揚感のうちにフィニッシュを迎え、彼女の名前と演技を心に留めずにはいられなくなると思う。スケーティングに粘りがあり、とても伸びやか。

ジャンプは、3Lをしっかり跳んだがステップアウトしてしまった。でも、軸は保たれていたので、崩れることなく滑り始めた。ほとんど、予定されているRBOスリーのような感じ。ダブルアクセルのランディングは思いっきりRBIに入ってしまった。こちらも、氷を削りながら持ちこたえたが、足首を痛めなかったか心配になった。フィナーレでもしっかり滑っていたので、多分大丈夫だと思うし、そう信じたい。

全くの余談だが、このアイスショーを泊りがけで観に来る人たちが、名古屋での時間をどうつぶすかを話題にしていたのをネット掲示板で見かけた。そのやり取りに参加はしなかったのだが、スポーツランド邦和の玄関の明子さん(小塚崇彦選手応援サイトより)に挨拶に行っても面白かったのかもしれないと、今日思った。

6.シニード・ケアー&ジョン・ケアー

生で観るのは、2007年東京ワールドに次いで2回目。あの時は、”ラスト・オブ・モヒカン”というプリミティブな演目をドラマチックに表現したのを覚えている。それはフリーダンスだったが、今回は2007-8シーズンのオリジナルダンスの”Auld Lang Syne”を踊ってくれた。衣装はスコットランドの民族衣装で、弟のジョンは腰にキルト(というらしい)を巻いていて、とても上品な雰囲気。

白い氷の上で、衣装と演技だけで、ある時はインディアンの末路を、ある時は母国の牧歌的自然を表現できるのも、フィギュアスケートの面白さだと思う。背景や台詞がないからこそ、観る側は演技に様々な解釈を込めることができる。そういう自由がフィギュアにはあると思う。

そして、アイスダンスのダイナミックさを存分に披露してくれた。難しいポジションでのリフトや美しいカーブリフトがあると思ったら、突然姉(シニード)が弟(ジョン)を担ぐ。アニシナ・ペーゼラ組をほうふつとさせるリフト(アニシナ以上に逞しく、しっかりと男性をリフトしていたようにも見えた)だったが、そのままジョンを後ろに放ってしまうこともあった。適切な表現がわからないのだが...、シニードのサポートを受けてジョンが彼女を飛び越えるというか、そんな感なのだが...。女性が男性を担ぐという新鮮さに、会場はおおいに沸いた。

私もそれに目を奪われてしまい、肝心のステップを注意して観るのを忘れてしまった。でも、ミッドラインでの二人で互いに交差しあう部分はとてもきれいだった。まるで糸で引き合うかのように、二人の間に磁力を感じた滑りだった。

7. 小塚崇彦 Save The Last Dance For Me

邦題は「ラストダンスは私と」で、越路吹雪も歌っているようだ。アメリカではドリフターズのが有名らしい。ドリフのは、だいぶ乗りの良い曲調になっていたが。小塚選手のは誰が歌っているものか、私にはわからなかった。

DOIで観た時に、なんて渋い曲を...と思ってしまった。昨年のベンチャーズやビートルズもそうだが、誰が彼のためにこの手の曲を用意するのだろうか。「らしく」踊ってしまう小塚選手もすごいのだが...あまりに年齢不相応で彼のイメージが固定化してしまわないか、少し心配でもある。でも、こういうレトロな曲でもこなしてしまえるのだから、ダンサブルなアップテンポな曲でも、ラップのような旋律があるのかないのかわからない曲でも、多分大丈夫なのだろう。2005年のDOIでは”Car Wash”という今の若者風のエキシもやっていたし。

【アンコール】小塚崇彦&ジョン・ケアー Frash

予め配布された、楽曲リストの中に既にアンコールと刷られていた。アンコールは後半にもう一つあったが、そちらの方はびっくりするメンバーだった。

でも、サービス度からすれば、小塚&ジョンのペア・スケーティングは貴重かもしれない。「俺達フィギュアスケーター」の世界を演じるといったアナウンスに続いて二人が登場。ジョンはまだ、スコットランドの衣装のまま、Queenの曲に乗せて小塚選手とおそろいの振付をしてくれた。盛り上がりでは、ジョンが小塚選手を放ったスロージャンプ(シングルアクセル?)を見せてくれたが、男性(両方ともか...)が放ったというよりも、小塚選手がタイミングをみながら自分で跳んでいったという感じだった。多分、ジョンがダンス用のブレードということもあってだと思うが、二人揃ってのソロジャンプはなかった。

そういえば、殿&友加里のペアはどうなったのだろう?

8.長洲未来 At the Beginning

昨年のTHE ICEでは、”Don't Stop Me Now”で、タイトル通り止まることを知らない勢いを見せてくれた。今年はガラっとイメージが代わり、ロングヘアーで柔らか味のある色合いのドレス風のコスチュームでしっとりとした雰囲気の演技。それでも、滑走スピードの速いこと。ジャンプの助走で、あっという間にリンクを縦に端から端へと駆け抜けていく。キャロライン・ジャンのパールスピンとは違うが、ビールマンポジションに入る前に、フリーレッグを腰から下でキャッチし、そこから上へ持ち上げていく。ビールマンになったとたんに回転スピードが上がるからすごい。

ひどく俗っぽい言い方で申し訳ないのだが、「可愛い顔して、やることはしっかりやる」という二面性を感じずにはおれない。紹介のアナウンスでは、バンクーバーで真央最大のライバルになると言われていた。シニア2年目でそこまでいくかはわからないが、末恐ろしい選手であることは、改めて感じた。ただ、会場全体を自分の演技で充満させるほどの存在感はまだないと思う。多分、曲や振付への解釈の深さの問題だと思うのだが...。でも、本当に爽やかな風を感じずにおれない演技だった。

9.浅田姉妹ペア DREAM GIRLS

昨年の試みのフルバージョンと紹介されていた。

世界の頂点へと唯我独尊という感じで極めている真央選手と、舞選手とがどうコラボするのか不安を感じていた。でも、「案ずるより産むが易し」とはこの姉妹のためにあることわざかもしれない。全く違和感の無いコラボレーションだった。二人の違いが際立つことなく、お互いへの気遣いすらも想像できるくらいに優しさがあふれる演技だった。さすがに、スピンの回転までシンクロすることはなかったが、滑走スピードや目線の向き、スケーティングの質など、双子のようにそろっていた。

真央選手に比べると、やはり舞選手の脚はほっそりしていた。特に腿のあたりの肉の無さが気になったが、調子のムラの原因とならないことを祈る。逆に言えば、真央選手がしっかり「足を作っている」のはさすが、と思った。

以上で、前半は終了。     (次のエントリーに続きます)

2008年7月13日 (日)

’08年マスターズ参戦記(3)

ATC2K関係のエントリーやDOIでのランビエール、そして仕事にかまけて、気がついたらマスターズから、もう2ヶ月がたとうとしています。既に9月のエキシビション大会の案内も届いており、5月17日の大会のことはすっかり過去となりつつあります。

今日のレッスンでは、”アフリカンシンフォニー”の2分24秒のうち、3分の2くらいまで振り移しが終わりました。怒涛のストレートラインを先生が作って下さり、アップアップです。先生から、「(ステップの)ループだけどできる?」と尋ねられたら、「できませんけど、頑張ります」と答え、「ロッカーだけど...」と尋ねられたら、「教わってませんでけど、頑張ります」と、一時が万事、そんな調子で返事をしていたら、本当に鼻血が出そうなステップシークエンスを振付けて下さいました。アップテンポ゚(アレグロより少し遅いくらい?)の4分の4拍子で16小節、最初はストレートラインですが、途中からサーペンタインになります。スタミナもつのかなぁ...。

先生の了解もいただきましたので、9月のエキシビション大会でお披露目できたらと思います。かなり内容の濃いプログラムになりそうです。振付が全部終わってから、個々のエレメンツの指導をしていただく予定なので、9月はほとんどマーキング程度で、冬に滑り込み、来年の5月に形になればと考えております。振り付けが間に合わなかったら、エキシビション大会は応援に回ります。

そんな感じでアフリカンな現在ですが、2ヶ月前の5月17日はコンチネンタルな「夜のタンゴ」でした。

私の出番のすぐ前は、flip-flopさんの”スペイン奇想曲”でした。フィギュアスケートを始めた時からflip-flopさんのサイトにはお世話になっています。特に用語集はフィギュアファンなら必見ではないでしょうか。昨年の今頃、関東のリンクで偶然お会いしたので、そのお礼を申したことがありました。それ以来の再会となった今年のマスターズです。そういえば、flip-flopさんのプログラムも、ストレートラインのステップシークエンスが大きな見せ場だと感じています。

演技を終えてリンクから戻られるのを待って、私は氷に降りました。点数表示の間にやることは決めてました。普段は、クラブの先生の指導もあり、緊張をほぐすためにリンクサイドで膝の屈伸をするのですが、今回は、ホッケー用のサークルを使ってフォアとバックのクロスをしました。信じられないことに、フォアクロスで円周から大きく外へ逸れていきます。バックはそれほどではなかったのですが、やはり変な感じでした。クロスして前にかぶせる足のインエッジがどうしても入ってくれず、きれいなカーブを描けないのです。

でも、もう覚悟はできてました。「エッジが入らないなら、力で向きを変えるしかない」、およそフィギュア的ではない発想ですが、それしかないと思ってました。

コールされてセンターへ向かう時に、「頑張って~」と子供さんの声が聞こえました。多分、練習場所でお世話になっているご夫妻のお子様だと思います。私の先輩の応援に来られたようでしたが、ついでに私も応援して下さり、とても心強かったです。でも、センターの位置でストップする直前に軽くつまづいて、後ろへバランスを崩しそうになりました。極度に緊張し、足がガタガタ震えているのも感じました。ただ、発表会や大会ではいつものことなので、仕方ないとも思ってました。

曲が始まる前のポーズは、普段よりもスタンスを狭くして、動き始めのランジ滑走も腰高で良しとしました。もう、本調子でないことはわかってましたので、とにかく転ばないこと、そのために無理はしないことを咄嗟に判断したのです。その後のクロスはやはりエッジが入らず、「あ~あ」と思いながら向きだけ変えて、左フォアアウトでの片足滑走からモホークでスリージャンプ。高さは出ませんでしたが、すっぽ抜けなくて良かったです。イントロはここまで。

1回目の主題のアウフタクトを聴きながら、反時計回りのフォアクロスを2回入れるのですが、これもカーブが描けず。仕方ないので、右フォアのイン→アウトのチェンジエッジを省略して、すぐに右フォアアウトスリーから左バックアウトの足替えダブルスリーに入りました。これは、バランスを崩さなくて良かったのですが、直後の左インモホークで右バックインのエッジが入らず、勢いでごまかし、足を踏み替えての右フォアアウトのスリーもヘロヘロになりました。

上記が、唯一のステップシークエンスだったのですが、結局勢いでごまかす感じになり、かなり失速してしまいました。本当だったら、最初のフォアクロスでトップスピードに乗るはずだったのに...。

この後、時計回りのバッククロスを2回入れるのですが、スピードは回復しません。それでも、「根性で決めてやる」と下唇をギュっと噛んで、シングルトゥループの助走に入ったのを覚えています。根性を出せば、このジャンプはまず降りれますので、なんとかなったのですが....後が悪かった。

ここから2度目の主題になります。トゥループで根性を出せたことで油断したのか、アウフタクトでのフォアクロスでつまづきました。それでも、なんとか次のシングルフリップを(またぎジャンプでしたが)降りて、ランディングから右バックアウトスリーで前に向きを変え、反時計回りの細かいクロスに入ったのですが、ここで再びつまづきます。「足が動かない」と感じてました。ここでまごつくと、次のスリージャンプ+トゥループの時間がなくなるので(なんといっても、1分10秒のプログラムに5回のジャンプですので)、かなりあわてました。そのせいか、スリージャンプに入るためのモホークで3度目のつまづき...しかもバック滑走中でしたので、大きくバランスを崩しました。幸い転ばなかったのですが、「時間切れ!」の言葉が頭の中に響きました。曲はどんどん進んでいますので、スリージャンプ+トゥループは省略し、泣きたい気持ちでジャッジ席前を素通りしました。

本当に、泣きたかったです。こんなに足が動かなかったのは初めてでした。今振り返れば、やはり前夜の強行軍と徹夜をおしての貸切練習が災いしたのだと思います。それでも、つまづきながらも体だけはプログラムの進行方向へと動いており、曲から完全に置いてきぼりにならなかったのは、やはり、江戸川での貸切で滑り込んでおいたおかげだと思います。コンディションは最悪でした。でも、失敗してもリカバリーできるための保険は、あの貸切で得られたと思います。

それまでは、マスターズの準備としての曲かけ練習は全くできていなかったも同然(一度だけ営業時間中にマーキング程度はできましたが)でした。仮に休息を十分にとれたとしても、曲かけを経験していない状態で試合に臨む方が無謀だったと私は考えています。貸切がとれなければ仕方ありませんが...。

ボロボロのスケーティングでジャッジ前を通過し、3回目の主題になります。ここはスパイラルからですが、ヤケで普段よりも長めにやりました。エッジには乗っていたのですが、途中からフリーレッグがかなり落ちてます。でも、拍手をいただけたのが嬉しかったです。そのままシングルサルコウなのですが、この日の公式練習では一度も成功してなかったです。なのに、なぜか焦りはなかったです。個人レッスンで踏み切りを直していただいてましたので、先生から教わったとおり、左バックインで十分に滑る、意識というよりも体が自然とそのように動いた感じでした。やはり、繰り返し練習したことが、本番には生きるのかなと思います。動画を見返すと、ランディング時にフリーレッグが変な方向に泳いでいますので、あまり良いジャンプではなかったです。でも、無我夢中のなかでも転ばずに降りられました。

コーダに入ってスタンドスピンですが、やはり軸がとれずにヘロヘロでした。なのに、曲の結びの直前にジャッジ側が見えたので、結びの2拍でのポーズだけは決めることができました。偶然というか、たまたまなのですが...。ここは、5月7日に下見に来て、最後のスピンをさらっていたおかげかもしれません。

終わり良ければ全て良しといいますか、最後だけ決めることができたので、少しだけホっとしました。挨拶をし、リンクサイドに戻ったら、同じH組の先輩達が歓迎してくださいました。「良かったよ」と一人一人が握手して下さり、本当に嬉しかったです。もう、自分の採点なんぞ聞いてなかったです...すみません。ただ、「1.8」というアナウンスが耳に入ってきましたので、やっぱり2点台はとれなかったかと、ちょっと残念に思いました。でも、リンクサイドや客席で応援して下さった方々がいらしたことがわかり、本当に嬉しかったです。

私の後に、最終滑走の方が演技して、H組は全員が終わりました。着替えをして、レフェリーの杉田先生から一人一人講評をいただきましたが、それはマスターズから帰った直後のエントリー(「マスターズに行ってきました」)でも報告してますので、ここでは割愛します。H組のジャッジの中に、以前私が出場した大会でもジャッジをされた先生がいらっしゃいました。その先生に挨拶したら、「動きが重かった。体重が増えたのではないか?」と言われてしまいました。動きについては、やはりコンディションの問題だと思いますが、体重については耳の痛いところです。

ただ、減量も考えてはいますので、社会人の良識に沿った範囲で頑張っていきたいと思います。

H組が終わった後も、クラブの先輩が出場しましたので、リンクサイドで応援をしていました。yuujiさんやyunosukeさんをはじめとした、ネットでお世話になっている方々にもお会いでき、とても貴重な時間を過ごすことができました。私が一番頼りにしている、クラブの先輩からは、「焦っている様子が感じられた」との感想でした。やはり...(汗!!。

その先輩と観戦し、大田由希奈選手と澤山璃奈選手の法政大コンビが大学OGの選手を応援に来られているのを見ていました。大田選手は、リンクサイドで普通の靴を履いていても片足でバランスをとったり、軽くジャンプをしたりして、動きがリズミカルでした。根っからのダンサーなのでしょうか?全選手の演技が終わったところで、会場を後にして、ホテルに戻りました。途中でスタバに寄り、カプチーノとクッキーを食べながら帰り、ホテルでは爆睡でした。

翌日は、もう、悔しい気持ちで一杯でした。高井戸から環状8号線を通って用賀に向かい、そこから東名高速道路に乗って帰路につきました。車内では”アフリカンシンフォニー”を繰り返し流しており、その時点で来年はこの曲と決めていました。

地元に着いたら帰宅はせず、電車で名古屋に向かって、リンクで個人レッスンの先生に経過を報告し、スケーティングの練習をしました。なにより、滑れなかったのが悔しかったです。でも、それも全て良い経験であり、勉強になりました。

振り返って思うのですが、フィギュアスケートの大会は、ほとんどがアウェーです。移動の負担、練習場所の確保、その中でのコンディション調整ですので、不利があって当然なのかもしれません。特に大人は、仕事が優先となりますし、私達のように地元には通年リンクがなければ練習不足は仕方がないものでもあります。その中でどれだけ頑張れるか、それを試すのが楽しいのであり、思い出になると思います。仕事が終わったら速攻で東京へ向かい、道に迷ってとんでもない東京見物をした。やっとの思いで江戸川の貸切練習を確保し、独りで曲かけをした。その成果と疲れを背負いながら東伏見へ向かい、公式練習と先輩達への応援をし、いよいよ自分の出番。演技は不本意でしたが、転ばなくて良かったという気持ちも正直なところです。それに、少しは練習の成果もあったと思いますし。

とにかく、楽しい2日間でした。来年、また参加できるならば、もう少し賢い時間の使い方をしたいですが、できたら江戸川での貸切はまたやりたいなとも思います。一緒に借りてくれる人がいたらですが....。

大会を企画し、運営に携わって下さった全ての方々、特に”F.S.C.銀盤サテライト”の皆様にお礼を申し上げます。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

バナー

フォト
無料ブログはココログ