« 豊橋での中野友加里選手 | トップページ | 滑走しているということ »

2008年4月29日 (火)

マスターズに出場します

既に申し込みはしてあったのだが、先日、クラブの先生にマスターズチャレンジカップ出場の許可をいただいた。このところクラブの先生が多忙なために、直接お会いする機会がなかったので、見切り発車で申し込みだけ済ませておいての事後承諾との形であった。もしも、先生が出場に難色を示されるのなら、棄権という形をとるつもりだったので、「体調に気をつけて頑張って下さい」とのお言葉は、本当にありがたい。

プログラムは、2年前にその先生が編集して下さった1分間の曲のものを使わせていただく。その許可も一緒にいただいた。まだ、滑り始めて1年もたたず、初級をとったばかりの頃のプログラムなので、エレメンツの難易度も低く、ごく簡単なプログラムだった。振り付けはアシスタントコーチの先生が担当して下さったが、「こんなに簡単でいいの?」と言われたのが印象に残っている。

それを、2年の間にブラッシュアップし、さして難易度はあがってはいないが、各エレメンツの間のつなぎ方には神経を使うように努力している。例えば、指定されたステップやスケーティングの歩数をきちんと守り、無駄なストロークは入れないとか、なのだが...。

もう少し具体的に記すと。。。

曲はコンチネンタル・タンゴ(1930年代のドイツで製作された映画の主題歌らしい)なのだが、イントロに続いて同じ主題が3回繰り返される。そしてコーダに入って終わりという、ごくシンプルな構成だ。このうち、イントロの終わりごろでスリージャンプが入る。そのランディングから前に踏み出して2回フォアクロスを入れる時に、”タララ”と1回目の主題のアウフタクトが3拍入ってメロディーが始まる。メロディーの部分は...従来はRFOのスリーターン2回だけだったが、先生の了解をいただいてステップ数を増やし、

1.RFI→RFOのチェンジエッジ  2.RFOスリーターン  3.LBOに軸足を替えてのスリーターン 4.時計回りのインモホーククロス 5.RFOに踏み出してのスリーターン

という構成にした。個人レッスン(クラブの先生とは違う先生についています)の先生にもみていただいたが、なんとかプログラムには入れられそうだ。この構成、最初のチェンジエッジやモホークにクロスを入れるなど、多少のアレンジはあるが、基本は豊橋での中野選手が子供達に指導された足替えのダブルスリーである。せっかく覚えたステップなので、プログラムに入れさせていただいた。曲の要請で、アウフタクトでの2回のフォアクロスでトップスピードに入れてステップに入る必要がある。なので、転倒の可能性もあって恐いのだが、なんとか転ばずに演技できたらと願っている。先生方からは、ストレートではなく、大きくカーブを描くようにエッジに乗ることを指導されている。クロスからチェンジエッジが入るので、S字になるのだが、R(回転半径)を狭めると、バランスを崩して失速してしまう。練習では何度も転んでいるが、頑張りたいと思う。会場の東伏見の氷がかなり硬質と聞いているので、ここのステップでエッジをきちんと使えるかが、演技全体の質に関わってくるのではと、心配している。

ジャンプの構成は、現行では、

1.イントロでのスリージャンプ  2.主題の1回目でシングル トゥループ 3. 主題の2回目でスリージャンプ+シングル トゥループ 3.主題の3回目で シングルサルコウ

と4回、3種類のジャンプだけだ。これは、「こんなに簡単でいいの?」と振り付けを担当された先生が言われた時点と変化がない。私の成長がないからと言えばそれまでだが、実際のところは、シングルならばトゥループをアウトモホークからのルッツに、サルコウをフリップに変えることは可能だと思う。ただ、種類よりもジャンプそのものの質を上げることを指導されているので、無理に難しいジャンプを跳ぶよりかは、少しでも確実な踏み切りや安定した回転で演技する方を選びたいと思い、種類の変更は先生と相談しないことにした。

ところが、先週から個人レッスンでサルコウのダブルが入っており、先生としては今回の大会に間に合わせたい気持ちもあるようである...。もちろん、間に合わなかったらシングルで臨むし、私としては、緊張する演技なのであまり冒険はしたくない。シングルのサルコウも踏み切りの修正を指導していただいたので、高さが出てきた半面、ランディングが難しくなっている。でも、「シングルにすると決めるのはすぐにできます」と穏やかに言われる先生の顔を見ると、「頑張ります!」としか選択できない。とにかく、頑張るしかない。

シングルアクセルは現在も練習している。ダブルサルコウの練習のおかげで、踏み切り時にフリーレッグを思いっきり振り出すタイミングはわかってきたが、空中での軸の締め方をまだ掴んでいない。両足着氷なら1回転半で降りれるが、右軸での片脚までいけていないので、やはり回転不足だろう...。転ばないので思い切ってプログラムで挑戦するという気持ちも頭をよぎるが、やはり危ないアクセルよりかは丁寧なスリージャンプの方が自分らしいと思う。アクセルには憧れもあるので、あと2週間努力は続けるが、間に合わない可能性の方が高いと思う。でも、アクセルの練習始めの頃に痛めてしまった股関節が、現在はなんともないのは、良い徴候だろう。

フリップは、一番好きなジャンプなので、できたらプログラムにも入れたい。でも、先に記したとおり、サルコウは外せないし、トゥループとの変更では尺(私の場合、トゥループは4拍、フリップやサルコウは3拍で踏み切っている)が合わない。主題の2回目の前半で、LFOスリーから半回転のホップが入る部分がある。これを1回転にすればフリップになるので、その方向で先生と検討していきたい。

スピンに関して記せば、現在はかなり深刻になっている。元々1分間という短いプログラムであるし、作成段階ではスタンドスピンもできない状態だったので、曲のコーダの部分でスタンドスピンが1度あるだけだ。本来なら、それで問題ないはずなのだが、3月の終わりから事故の影響か、右肩から頸にかけて炎症がひどくなり、一時は首を回すこともできなくなった。かかりつけの整形外科の病院でもう一度レントゲンを撮ってもらったら、頸の関節が歪んでいる(本来ならば前方向へ弓なりになるはずが後ろ方向へ曲がっている)とのことだった。救急外来ではそんな話はなかったのに...。幸い、ムチウチではなく、四十肩の症状(年齢も相応だし...)だったので、スケートの練習は続けながらリハビリ治療を受けた。そのおかげで痛みは軽快したが、スピンだけは全然回れなくなった。高速での回転軸が本当にとれなくなったのだ...。というか、練習を繰り返すと頭が重くなって辛い...。

なので、スピンは一から、のんびりとやり直している。元々スピンの練習は嫌いだったし、練習をサボれる言い訳ができてちょっと嬉しい。それに、プログラムでは最後の締めだけなので、ここで失敗しても演技全体の影響は最小限に収められる。印象は良くないだろうが...。もちろん、気持ち良く演技が終われるように努力はするが、人間、できる範囲のことしかできないとも考えている。

1分間のプログラムというのは、マスターズの時間指定で最短になる。2分、3分のものに比べて、盛り込めるエレメンツの数も限られるし、勝敗を論じる余地はない。なので、トップスピードに入れたら渋滞なくエレメンツをこなしていき、できる限り一つの作品として質を感じていただけたらと願うばかりだ。観て下さる方にとっては、あっという間に終わってしまう線香花火のようなプログラムかもしれない。でも、2年間も練習してきたプログラムであり、私自身は心から大好きな作品でもある。

« 豊橋での中野友加里選手 | トップページ | 滑走しているということ »

大会」カテゴリの記事

コメント

出ることになったのですね!
練習頑張ってください。
たぶん、見に行けると思います。

あーあ、
仕方が無いとはいえ・・・やっぱり出れば良かったと、ちょっと後悔している自分がいます。
でも、
当時の私としては、他に選択肢が無かったんですけどね。

1分って、短すぎて大変ですよねぇ。

私も最初の2シーズンぐらい、1分でマスターズ出てましたので、よく分かります。

結局1分間常に走り続けないといけない。
実は、3分ぐらいが一番休めるという噂もありますけど。
緊張する時間が短いというメリットもあります(笑)
当日、お会いできる日を楽しみにしております。

>yuuji0502さん

応援のメッセージをありがとうございました。季節営業の地元リンクは終了して、準ホームもG.W.で終わるという逆風ですが、とにかく頑張ります。

最後の練習は名古屋で本番1週間前、果たして5日リンクに降りずに東伏見の固い氷に耐えられるのか、不安は多々あります。でも、とにかく頑張ります。

昨年は、知人と一緒にyuujiさんや王子の演技を拝見しました。まさか、一年後に本当にエントリーするとは思いませんでしたので、ドキドキです。転んでも笑わないで下さい...。

>>結局1分間常に走り続けないといけない。
>>緊張する時間が短いというメリットもあります(笑)

本当に、100メートルを一揆に駆け抜ける感じです。息つく暇がありません。結局、先生と相談してシングルフリップまで入れてしまったので、5回4種類のジャンプの構成となりました。20秒に1回のペースで跳ぶ計算です。もっとも、敬愛する先輩は、2分間で9回のジャンプなので、私なぞヒヨっ子なのですが...。

あっという間に終わりますが、出鼻で挫かれると、何も出来ずに終わってしまいます。諸刃の剣です。

>>当日、お会いできる日を楽しみにしております。

よろしくお願いします。私も楽しみです。

すみません、訂正です。

>>5回4種類のジャンプの構成となりました。20秒に1回のペースで跳ぶ計算です。

1分間は100秒ではなく、60秒でした。
ですので、12秒に1回跳ぶ計算です。

1回でもコケたら曲に置いてかれます...(冷汗)。

この記事へのコメントは終了しました。

« 豊橋での中野友加里選手 | トップページ | 滑走しているということ »

バナー

フォト
無料ブログはココログ