« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

12月の振り返り

気がついたら大晦日だった...時間が過ぎるのがあまりに早い。

11月の目標は以下の通り。振り返りをせずに12月まで終わろうとしている。

1.クロススピンの途中のオープンパッセのポジションで2回転できる。

2.氷面の状態に関わらず、バックアウトのサークルエイトを3周行える(5回中5回)ただし、不意に滑走者が入ってきたりしての中断は失敗とせずにやり直す。

3.ワルツスリーで全てのターンで正確なトレースが描ける

先に、3.の振り返りだが、目標は達成できていない。別エントリーにせねばと思うが、スリーターンでは苦労している。特にワルツスリーの後半に入ると軸がブレてしまい、勢いとあいまって氷を削ってしまうことがある。私の場合は、ひとつの円で4回ターンするので、両足で合計8回のスリーターンをせねばならないが、全部をきれいなトレースでターンできたことはない。

それでも、12月の1級のバッジテストは、ステップだけ受験して合格させてもらえた。ジャッジからは「ターンがとんでいる」との指摘を受けたので、許容範囲ではあるが厳しくみたら不正確という感じなのだろう。このあたりのあいまいさ、傍目からは色々言いたいこともあるだろうが、当人としてはありがたくもある。ただ、自信をもって言えるのは、目標設定してからはとにかく頑張った。それと、氷を削らずにターンすることは大変である(不可能ではないが...)。後は、より正確なエッジワークを目指してさらに努力するしかない。

1.については、一応可能になった。でも、フリーレッグの位置はすごくあいまいである。まだまだ、パッセの位置からフリーレッグ(右脚)をスルスルと下ろして回転数を上げていくことはできそうにない。これができるまでには、あと2ヶ月はかかるのではないだろうか?

2.については、かなり自信をもっている。整氷直前の荒れた氷でもバックアウトのサークルはできるようになった。コンパルソリは練習を継続しないと下手になってしまうので、バックアウトだけではなく、フォアアウト、フォアインも練習をサボらないようにしないといけないが...。バックアウトのコンパルソリの練習は、1級ステップの課題であるスィングロールで役に立ったと思う。

12月の下旬に地元でバッジテストがあった。上に記した通り、今回は1級のステップだけを受験した。必須もある程度は目処がついているが、何よりワルツスリーが不安定であったので、ステップだけというクラブの先生の指示はありがたかった。やはりワルツスリーで氷を削ったと自覚した箇所が2つほどあったが、なんとか合格にさせていただけた。でも、課題は残っており、基準に達したというよりも宿題をいただいたと自覚している。

それで、1月の目標なのだが...

1.(コンパルソリ) 整氷した状況で、バックインのサークルを3周できる。

2.(スピン)    膝よりも腰を落とした(膝の角度が90度以下)のシットポジションでまっすぐに滑走できる(両足)。距離は、リンクの縦2/3程度。

          スタンドスピンで、フリーレッグを軸脚の膝に付けて5回転以上(5回中3回)。

3.(ステップ)   ワルツスリーのすべてのターンで、3の字をトレースできる。ターンの入りのカーブが太くなるのは2回程度にとどめる。

4.(ジャンプ)   若干混んでいる一般営業中(ジャンプ練習可であるのは当然だが)のリンクでも、安定してシングルサルコウを降りられる(5回中5回、ツーフットは不可)。

          シングルループ、フリップ、ルッツのいずれもが片足着氷できる。

2.についてだが、シットスピンは、回転以前の問題で、体(特に足首とハムストリング)が固くてポジションが正確にとれない。これでは、いくら回ろうとしても無駄だと思う。なので、正確なポジションが滑走状態でとれることから始めたい。そのためには、ストレッチを頑張るのは当然なのだろう。

スタンドスピンは、回転軸は安定してきているし、フリーレッグも改善しつつある。でも、まだ甘い。特に、回転速度が落ちるとフリーレッグも足首の方へ下りてしまう。なので、このような目標を立ててみた。

ジャンプに関しては、個人レッスンの先生からはトゥ系のジャンプが上手だと言われている。陸上練習の成果もあると嬉しく思っている。実際、フリップ、ルッツは跳び方を教わってすぐに両足着氷1回転までいけた。でも、両足→片足のハードルはある。特にルッツは苦労しそうだ。さらに、エッジ系のジャンプはすごく苦手だ。スケーティングレッグのトゥを使って跳びあがるのが下手なのだと思う。前向きのバニーホップで克服を頑張ってはいるが、バック滑走でも同様の練習ができないか思案している。

サルコウは、貸切練習など周囲が気にならない状況では精度は高い。でも、一般滑走中、特にレジャー目的の滑走者がいて集中が散漫になると、とたんに転び始める。私の場合は、踏み切り前の右足を空中で回し、両足滑走からの踏み切りではないので、どうしても周囲をはばかってジャンプがちじこまってしまうのだと思う。でも、これを仕方ないとしたら、バッジテストや試合など、ここ一番の時に正確に跳べるか不安が残る。なので、安全に気を遣いながらも、転び癖は克服したいと思う。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

バナー

フォト
無料ブログはココログ